小田和正さんのFC限定販売のDVD「LIFE-SIZE2007」のこと

ライブ風景

小田和正さんの、LIFE-SIZE2007のDVDに収録されている内容を少しだけ抜粋してご紹介しています。

参考 LIFE-SIZEはプレス会員(ファンクラブ的なもの)にならないと購入できません。DVDを購入したい人は、ファーイーストカフェプレス会員にGO!

小田和正さんのファンクラブのような「Far East Cafe」会員について
小田さんにはファンクラブは存在しないようですが、小田さん自身が社長を務めておられる事務所、株式会社ファー・イースト・クラブが発行して...

参考 その他の年のLIFE-SIZEについては↓にまとめてあります。

小田和正さんのFC限定販売のDVD「LIFE-SIZE」のまとめ
小田和正さんの、LIFE-SIZE1994~2016について書いた記事を、こちらにまとめております。(まだ書きかけです) ...

スポンサーリンク

2007年は朝ドラ主題歌、還暦、「自己ベスト2」発売

いつの間に60年もの時が流れていったのか。でも振り返ってみると、こうして数えきれないほどの出来事、人たち、そして音楽と出会うためには、60年という月日がきっと必要だったに違いない。そんな風に思うのです。

シングル「ダイジョウブ」レコーディング

NHK連続ドラマ小説「どんど晴れ」の主題歌でしたが、2017年に明治安田生命のCMにも使われてます!

撮影現場をご訪問されたようで、比嘉さんや宮本信子さんなどの出演者の方々と記念撮影してました。

松たか子10周年記念アルバム 制作


Cherish You(初回生産限定盤)(DVD付)

松さんが「夢で逢いましょう(昔のTVの主題歌)」を歌っている様子を聴いて「おやすみ」を書いたのだとか。松さんの声の響く音が引き立つように作られている気がしました。

要さんとコーラスにも参加。

「ダイジョウブ」プロモーションビデオ

ヘルメットを被った作業員姿で、クレーンに乗って掃除をしながら歌う様子を撮影。撮影の様子を通りすがりの人々が見ている様子が面白い。

スターダストレビュー25周年大感謝祭


スターダスト★レビュー 25年に一度の大感謝祭ライブ [DVD]

つい先日(2017年5月)、スタレビ35周年大感謝祭が開催され、ゲスト出演されていましたが、25周年の時もゲスト出演されてたんですね。

ライブの数日前のスタレビのリハーサルの最中に急に現れて、「オダレビでお茶を濁すんじゃなくて、せっかくの25周年、なんか新しいものを!」と、1時間ぐらいで要さんと新曲を作って、ご一緒にステージで歌っておられました。

早稲田大学グリークラブ合唱曲完成

LIFE-SIZE2006で曲を依頼された時の様子がありましたが、今回は出来上がった曲を納品する時の様子でした。

出来上がった曲は、まだタイトルが決まっていない状態で、小田さん直筆の手紙が添えられ、マネージャーさんから学生さんたちに渡されていました。

この曲は「この道を行く」というタイトルになって、クリ約でも披露されていました。

参考外部サイト この中の学生さんのレポート記事です。

シングル「こころ」レコーディング

光田健一さん、松たか子さんがコーラスで参加。

この曲を主題歌にしたドラマ「ファーストキス」の主演の井上真央ちゃんがレコーディングスタジオに登場!初々しくて超かわいい!!!

「ap bank fes ’07」ライブでミスチルと共演予定が台風で中止


ap bank fes’07 [DVD]

去年に引き続いてのゲスト出演!のはずが、台風の影響でライブ自体が中止になっていました。

  • Yes-No
  • たしかなこと
  • Tomorrow never knows

を、リハーサルで練習されてる風景は見れますし、翌年の’08でリベンジしていました。

服部良一生誕100周年記念アルバム

いろいろなアーティストが服部良一さんの曲をカバーして1枚のアルバムに仕上げたもの。


服部良一~生誕100周年記念トリビュート・アルバム~

15年前に上海でコンサートをした時に寒山寺を訪れたことがあり、ここで「蘇州夜曲」を歌うことになって不思議な縁を感じた(テロップ)

東北大学100周年前夜祭 ライブ出演

夜の野外ライブに出演。

  • 木蓮の涙(スタレビ)

東北大学文化貢献賞授賞式

文化貢献賞 文化芸術部門の賞を受賞されていました。

こんな立派な賞をいただきましてね、僕は賞とかもらうのは本当はあまり好きじゃないんですけど、せっかく東北大が表彰してくれるって言うんで、「まあいいか」みたいな。(会場笑い)来てみたら、こんなに大げさなものとは知らなかったんですが、本当にうれしいです。

京都音楽博覧会2007ライブで「くるり」と共演

いいお天気で始まったライブでしたが、突然の雨に降られた中での演奏。ギターの佐橋さんと一緒に出演。

  • 恋は大騒ぎ

打ち上げでは誕生日をお祝いされ、外人さんいっぱいで大騒ぎ。

不思議な催しでしたね~


さよならリグレット

※↑ボーナストラックだけみたいですが、この時のライブ音源「ばらの花」が収録されているみたいです

還暦パーティー

たくさんのアーティストさんたちから、胴上げされていました。

東京医科歯科大学学園祭 前夜祭ライブ出演

ライブの模様は病院のロビーにも中継され、患者さん、看護師さん達もご覧になっていました。

  • キラキラ
  • 君住む街へ

「AIDSチャリティProject」レコーディング参加

「AIDSチャリティProject」は、2007年の世界エイズデーのために結成されたバンドで、小田さんの「生まれ来る子供たちのために」が選曲され、かっこよく若向きにアレンジされてレコーディング。

RED RIBBON Spiritual Song ~生まれ来る子供たちのために~

アルバム「自己ベスト2」発売

再び黄色いヘルメットの作業員姿でクレーンに乗って掃除をしながら歌うCMを撮影。


自己ベスト-2

FM802「Your Songs,Our Songs」森亀橋ライブ ゲスト出演

森亀橋のライブにゲスト参加。

  • Yes-No (Charaさんと共演)

アーティストっていうとみんな偉そうな顔して、こうして全部仕切ってるような顔してますけど、実際のところ一人ではなかなか何もできないというような、そんな存在の人がたくさんいる訳で、そんな時に(森亀橋の3人を眺めながら)彼らがいて、初めて僕らの楽曲がみんなのところへちゃんとした1級品の音となって届いていくわけで。この曲も、私はもちろん自分としては立派に書いた曲だと思うんですけど、こいつ(佐橋佳幸さんを指さし)がいないとヒットしたかどうか、はなはだ疑問であります!その曲をやりたいと思います!

  • ラブストーリーは突然に

クリスマスの約束2007

この年は2日間に分けて撮影だったようで、1日目は「風のようにうたが流れていた」の時のセットみたいなところ。2日目は幕張メッセ イベントホール。

■ゲスト
  • 宮沢和史さん
  • さだまさしさん
  • くるり
  • 矢井田瞳さん
  • 佐野元春さん
  • 早稲田大学グリークラブ
  • 聖光学院 弦楽部
■演奏曲
  • 中央線(宮沢和史さんと共演)
  • YES-YES-YES

「Yes-No」がなかったら「YES-YES-YES」はなかったと思うんだけど、あん時はバンド解散ってのがわかってたから、それを何か打ち消すみたいな、どっかそういう底抜けに明るい感じが俺の中で欲しかったんだと思うんだよね。

  • 島唄(宮沢和史さんと共演)
  • 秋桜(山口百恵・さだまさし作)
  • こころ(聖光学院の生徒さんと共演)
  • 風になりたい(宮沢和史さんのVTRと共演)
  • たとえば(小田さんとさださんの合作)

さだまさしさんとたった1日で曲を合作。それぞれがデビューしたころの自分に宛てた手紙を「詩」にしていました。CDにはなっていないようですが素敵な曲です。

  • ばらの花(くるりと共演)

” 安心な僕らは旅に出ようぜ ” の意味が気になってた小田さんは、ヤボを承知で岸田さんご本人に尋ねていました。

  • I dream(チューリップ/財津和夫)
  • My sweet Darlin’(矢井田瞳さんと共演)
  • 恋バス(矢井田瞳さんとの合作 8時間で曲を制作)
  • SOMEDAY(佐野元春さんと共演)
  • この道を行く(早稲田大学グリークラブに書いた合唱曲を学生さんと共演)
  • ダイジョウブ

などなど

クリスマスの約束2007の放送については↓で詳しく紹介しています。

クリスマスの約束2007のセットリストと感想レビュー
クリスマスの約束2007のセトリと、ざっくりとした内容と、私の勝手な感想を書きたいと思います。 参考 その他の年の「ク...

早稲田大学グリークラブ創立100周年演奏会

指揮をしていらっしゃいました。

聖光学院創立50周年記念コンサート

3期生の小田和正です!(生徒たちが大喜び)

生徒や先生、父兄の前でコンサート。「通学路をたどってみよう」のご当地紀行映像が楽しかったです。

  • そして今も
  • my home town
  • 言葉にできない(弦楽部と演奏)
  • こころ(弦楽部と演奏・生徒の中の希望者が舞台でボーカル)
  • 君住む街へ

エンディング

  • この道を行く(早稲田大学グリークラブ創立100周年記念愛唱歌)

※小田さんが一人で歌うバージョン

来年はどんな出会いが、そして音楽が待っているのでしょうか。3年ぶりにまたツアーが始まります。それぞれの街でまた新しい素敵な思い出ができるのを楽しみにしています。

LIFE-SIZE2008へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加