SOHOやフリーランス、個人事業主にベストな複合機!BrotherブラザーMFC-J900DNに買い替えた感想(MFC-J830DNとの比較)

自宅の電話機をブラザーMFC-J900DNに買い替えたのでその話を書きます。

この機種には、電話、FAX、プリンター、コピー、スキャナーの機能が付いているのですが、無線で電波を飛ばすタイプなので、電話線のジャックから離れたところに設置できるところがなかなか便利です!

同じシリーズの人気機種であるMFC-J830DNやMFC-J830DWNもここまでは同じですが、MFC-J900DNのいいところはCDやDVDのレーベル印刷ができるところです。

リースの複合機は手が出ない…という個人事業主さんやSOHOの方にはもってこいですよ~

スポンサーリンク

個人事業主にはFAXが必要な時がある

15年以上前、自宅の電話をFAX付きにしたのですが、ごくたまにコピーを取る程度で、FAXの機能なんぞほとんど使うこともなくて、紙が詰まって修理不能になったのを機に、数年前に普通のコードレス電話に買い替えたのですが、個人事業主になると、FAXが必要なことが、たま~にあります。

それにちょっとした書類をコピーしたい時もあって、どうしても必要な時はコンビニに行くという手段を取っていたのですが、これが結構面倒くさい!

そこで、FAX付き電話機に買い替えを決めました。

自宅をオフィスにしている個人事業主にベストな複合機は?

リースの複合機を借りる道も考えましたが、私にはまだ必要ない!と断念!

電気屋さんに現物を見に行って、各社のカタログをもらってきました。

前に使っていたFAX付き電話機はPanasonicのおたっくす(SMAPが全員でCMに出ていた頃のやぁ~つ)で、かなりバカでかい印象でしたが、最近のFAXって薄くて軽くて、超スマートになっていて驚きました。

でもね、どうせ買うなら、1台で、電話+FAX+コピー+スキャナ+プリンタの機能が備わった、いわゆる複合機に惹かれます。

私のように自宅をオフィスにしている個人事業主にぴったりな製品はどれか!?

自宅で契約しているフレッツ光の1回線だけを使って、電話+FAX+スキャナ+コピー+プリンタ機能が使える機種を探してみました。

できるだけコンパクトなサイズで!

すると、あった、あった、ありました!

↓ ↓ ↓

brother プリンター A4 インクジェット複合機 『MFC-J900DN』

『MFC-J900DN』のGoodなところ

1.本体を電話線に直接繋がなくてもいいから置き場所が自由

電話やFAXって、電話線のジャック(または光回線などのルーター)に直接繋ぐため、おのずと電話・FAXの置き場は電話ジャックのある壁付近に限定されて、置き場の自由がきかなかったんですが、この機種はすごい!(というか今ではこれが普通なのかもしれませんが)

電話線のジャックには「通信ボックス」なるものを繋ぎ、そこから無線で電波を飛ばすので、本体は家のどこに置いても使えるのです!!!

すなわち、無線LANを使って使用する「無線FAX」なのです!!

fax

すげ~~。感動しました。

実のところ、うちの電話線ジャックは、TVの裏側の壁にあり、その付近に複合機を置けるスペースはないので、TVの配置を変えようかどうしようかと困っていましたが、この「通信BOX」の機能であっさりと解決しました。

うちの場合、テレビボードの中に、光回線のルーターを設置しているのですが、このルーターと「通信BOX」をテレビボードの中で繋いで置いています。

そしてコードレス電話機だけを、テレビボードの上に設置できました。

複合機本体は、隣の仕事部屋に置いています。

無線LANだから、だらりと配線が露出することもありません!

「通信BOX」機能があるのは『MFC-J900DN』と、『MC-J830DN』

ちなみにブラザーには似た様なモデルがいくつかありますが、このシリーズで「通信BOX」機能がある機種は、この『MFC-J900DN(カラーは黒)』と、『MC-J830DN(カラーは白)』

↓ ↓ ↓

brother プリンター A4 インクジェット複合機 『MFC-J830DN』

なぜか、『MFC-J900DN』に限り、本体色が黒でした。他の機種は白のみ。

価格を比較すると、1万円近く差がありました。

本体カラーは白が欲しかったし、値段も安ければ安い方がいいのですが、『MFC-J900DN』には、『MC-J830DN』にない、特別な機能が付いていました。

それは…

CDやDVDのレーベル印刷が出来たところです!!

2.CDやDVDのレーベル印刷ができる

先日、小田さんの過去のTV出演映像をDVDに焼いた、という記事を書きましたが、そのDVDのレーベルに印刷ができる♪と知って、それだけで即決してしまいました。

img_0900

早速、ネット上で拾った適当な画像を使って、レーベル印刷をやってみたところ、

いや~~ん素敵!!

小田さんのためなら、1万円の壁なんて軽くクリアしちゃいました

という訳で、また小田さん大好きの記事になってしまいました。

3.家中のどこに移動しても印刷ができる

『MFC-J900DN』の印刷は、インクジェット式ではありますが、それなりに印刷スピードも速いし、PCともケーブルで繋がずに無線で印刷ができるにようになって、とても便利になりました。

というのも、これまではコード接続式のインクジェット式のプリンターを使っていたのですが、私はノートPCなので、その日の気分によって、家じゅうのあちこちに移動してパソコンを使う為、プリンターケーブルは常時接続していない状態でした。

なので、プリントしたい時は、プリンターのある場所にわざわざPCを移動させ、USBケーブルを接続し、プリンターの電源を入れて、ガーガー、ジーコジーコと、準備にかなり時間がかかっていたのですが、この機種に替えてからはFAX受信のために本体に常時電源が入っているので、PCの印刷ボタンを押すだけでスマートに短時間で印刷できて、まるでオフィスのようです♪

家じゅうのどこにいても、すぐに印刷できるのが素晴らしく、印刷するたびに「おお~」と思わず声をあげてしまいます

無線接続って、なんてスマート

とにかく、PCに繋がっていたUSBケーブルが一本なくなってスッキリしたということだけでなく、気持ちまでスッキリした感じです!

『MFC-J900DN』の設定について

このブラザーの複合機『MFC-J900DN』の設定は、取扱説明書と、本体モニターに添って行えば、結構簡単にできました。

40代後半のおばちゃんでもそれ程苦労せずにできましたが、どうしても困った時は電話サポートセンターが設置されているので、そこもポイントです。

CDやDVDのラベル印刷も、専用のソフト「NewSoft CD Labeler」がダウンロードできるし、このソフトもサポートの対象なので、躓いても電話でサポートしてくれます。

もっと使ってみて、何かあれば更新したいと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加