小田和正さんといきものがかり水野良樹さんとのコラボシングル「YOU」のこと

HIROBAシングル

小田和正さんが、”いきものがかり”水野良樹くんのソロ活動「HIROBA」の中で、一緒に曲を作り、そのシングルが2019年4月17日に発売されました。

YOU (with小田和正)(初回生産限定盤)

いきものがかりの水野君と言えば、小田さんのTV番組「クリスマスの約束」に毎年レギュラーゲストとして参加して、小田さんに協力されていますし、恐らく小田さんのファンはみんな好意的な印象を持っていると思います。私もその一人です。

「LIFE-SIZE2018(小田さんの1年間の活動を1枚にまとめたDVD)」の中でも、水野君と打ち合わせをしたり、曲作りをしている様子が何度か登場していましたが、こちらのCDに収められた楽曲は、かなり長い時間を掛けて制作されたようです。

シングルCDの初回特典として、制作風景&お二人のインタビューシーンが収録された、17分ほどのDVDが付いているのですが、もともと小田さんは、この話を引き受けた時から「水野に歌わせる!」というスタンスだったようで、終盤になってボーカルは一人でいいだろうからご自分は歌わないという感じのことを仰います!

それを聞いた水野君、当然「(;゚Д゚) ええ???」となり、ちょっとあたふたしていましたが、そこはさすが賢い水野君ですから、一旦持ち帰って(小田さんを説得する言葉を)考えて、後日、一緒に歌ってほしい理由を一生懸命話されていました。

このCDには「I」と「YOU」の2曲が収録されているのですが、もともとは「I」の方をお二人で作っていて、かなり出来上がったところで小田さんがボツにし、また一から「YOU」をお二人で仕上げたのに、今度は「一人で歌え」と言われ(水野君お気の毒…)、考えた水野君は、途中でボツにした「I」の方は自分一人で仕上げて自分一人で歌うから、「YOU」は、一緒に歌うことに意味がある曲だから…とお願いして、納得してもらったようです。

この辺りの経緯は、初回特典のDVD映像と、水野君がご自分のHIROBAのHPでも記事にしていますので、気になる方は↓をご覧になってみてください。

STORY with KAZUMASA ODA どこから語ればいいのかわからない。 語るだけ野暮だというのもあって、 それはあのひとの背中を前にしたときに いつも思うことでもある。 あの
HIROBAの第一弾の音楽作品は、 尊敬する小田和正さんとのコラボレーション楽曲です。 「昔はコラボレーションだなんて言わなかった。“一緒にやろう”だったよ」 そう言われたからといって、
HIROBAの第一弾の音楽作品は、 尊敬する小田和正さんとのコラボレーション楽曲です。 「昔はコラボレーションだなんて言わなかった。“一緒にやろう”だったよ」 そう言われたからといって、
HIROBAの第一弾の音楽作品は、 尊敬する小田和正さんとのコラボレーション楽曲です。 「昔はコラボレーションだなんて言わなかった。“一緒にやろう”だったよ」 そう言われたからといって、
物語は、いつだって前に進む。 「なんか完結していない気がするんだよな」 「YOU」の完成を経て、改めて二人で対談したとき。会話の終わり頃に小田さんがこぼした言

こんな感じでしたから、「I」は水野君が全部ソロで歌い、「YOU」もほとんど水野君が歌い、小田さんはコーラスと、ソロパートがごくわずかでした。

でもね、登場は少ないですが、小田さん、いいところにフッと出て来て、なかなか痺れます♪

良いバイプレイヤーとなって水野君を引き立てている感じがしました。

「I」に比べると「YOU」は楽曲全体が小田さんっぽい感じですから、小田さんのファンの方にも是非聞いて欲しいと思います。

ちなみにシンプルな「YOU」に対して「I」の方は、ドラマチックな曲で、まるでイケメンが主役のドラマの主題歌のような印象でした。勝手な感想です( *´艸`)

2年くらいグループでの活動を休んでいた”いきものがかり”ですが、その間も水野君はクリ約に出てましたし、大御所の石川さゆりさんに曲を書いていて花が咲いている)、お二人でTVにまで出ていてびっくりしましたが、2019年春からは「めざましテレビ」の主題歌も決まり(SING!)、ヤクルトミルミルのCMに使わている曲も(アイデンティティ)聖恵ちゃんの高音が引き立つ素敵な曲で、こんな曲を書ける才能もすごいけど、吉岡聖恵ちゃんというボーカルをGETしたこともそうだし、いろいろなチャンスにも恵まれて、水野君て運も強いな~と感心しました。

ソロ活動のHIROBAも含め、これからも頑張っていただきたいと思います。

というわけで、CDを聴いてみたら、水野君を応援したい気持ちになったので記事を書きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加