アフィリエイトブログを毎日更新できるジャンルを探すコツ

頭の引き出しを開けて探す

グーグルアドセンスのアフィリエイトで、ある程度の収益をあげるためには、どんなジャンルのブログを作るか、という点はとても重要です。

アクセスが集まらないジャンルを選定しては、どれだけ頑張って記事を更新しようが誰も読んでくれません。

過疎地に店を開くようなものです。

今日はそのジャンルの探し方のヒントを書いていきます。

この記事は

ブログのアフィリエイトで早く収益をあげたいなら、「雑多ブログ」より「特化ブログ」を!

の続きです。

このアフィリエイト実践記を最初から読みたい人は


世の中の「保育園落ちた」母親や主婦に届けたい!ブログ1つでも毎月20万円の収入が得られることを
ブログのアフィリエイトの収入が、月に20万円を達成した時、つい嬉しくなって友人に自慢しちゃったんです…本当に口が軽いんですよね、私 ...

スポンサーリンク

最初の3ヶ月間は、ほぼ毎日ブログを更新

ワードプレスを使って、特化ブログを作って、グーグルアドセンスアフィリエイトをやる!と決めたら、最低でも最初の3ヶ月間は、ほぼ毎日ブログを更新するのが近道です。

3ヶ月間も毎日書くなんて、「近道」とか言いながら、全然近くない…って感じですよね

確かにその通りなのですが、これが3日に1回とか、1週間に1回のペースで更新しても、あんまり意味がないみたいなんです!

実際に私のこのブログがそれで、書きたい時だけ、ポツン、ポツンと更新していたので、1年経っても何の成果も出ていません…

1つのジャンルの記事を短期間に集中して更新するということが大切なようです。

メインブログである「占いブログ」の方は、アフィリエイトを意識した最初のブログだったこともあり、かなり真面目に取り組んで、最初の3ヶ月間は、月に20記事ほど書いていました。

ボリュームのあるページは2日がかりで書いたので、結果的に毎日更新はできませんでしたが、記事はほぼ毎日書いていました。

自分が3ヶ月間、毎日書けるテーマは占いぐらいしかないと思っていましたが、書きたくても検索数が少なかったり、権利の問題などでブログに書くこと自体が難しいものもありますから、自分の一番得意な占いを記事にすることは諦めました。

そしてジャンルを決定してからも、毎日毎日、記事のネタから考えて書くのは大変なことなので、書く内容も、狙うキーワードも事前に決めました。

ある程度の検索数があって、強いライバルがいないキーワード探し、そのキーワードを含んだタイトルを50個ほどノートに書き出し、書く順番を決め、その順で書いて行きましたので、最初の3ヶ月間はブログを書きながらネタを考えることはしませんでした。

私なりに綿密に計画し、設計図を作ってから、ブログタイトルを決め、ブログを作り、記事を書き始めた訳です。

なので、適当なドメインを取得して、適当に好きなことを書き始めるなんてことはやめましょう。

その頃の私は、毎日パートに出ていたので、朝の出勤前と、夜寝る前の合計3時間ぐらいをブログに充てました。

好きなドラマを見るのも極力我慢して、睡魔と戦いながら、とにかく書き続けました。

すると、3ヶ月目には、狙っていたキーワードが、少しづつ上位で表示されるようになってきたので、一度更新をやめて、記事の中身や、キーワードを見直したところ、そこから一気に全体の順位が上がっていき、収益も右肩上がりに増えていきました。

ブログに「力」が付けば更新は減らせる

永遠に毎日書き続けなければならない、というものではなく、ある程度のボリュームができて、検索結果の上位に表示される記事が増えれば、その後は、1日おき、週に2回、週に1回…と、更新の間隔を広げていくことが可能になります。

占いブログを始めて2年が経過し、現在は月に3回くらいに更新を減らしましたが、今のところ順位の変動はありません。

ブログに「力」が付けば、毎日更新しなくてもよくなるのです。

なので最初の3ヶ月が勝負だと思います。

50記事くらい書けそうなジャンルを探す

とは言っても、3ヶ月間、毎日記事を更新するとなると、100記事くらい必要になります。

ぜんぜん知らない分野で100記事も書けるはずがありませんし、第一、書くのが苦痛で続きません…

書くことがないからと言って、日記から始める人がいますが、有名人ならともかく、一般人が普通の日常を毎日書いても、誰も興味を持ってはくれません。

まだ、アサガオの観察日記の方がマシです!

夏休みの後半にアクセスが集まるかもしれませんから。

2年も3年も続けていけばファンはできるかもしれませんが、収益化を考えているならお勧めしません!

検索エンジンだけではなく、読み手であるユーザーに喜んでもらえるような記事を書かなければ、検索結果の上位に入ることはできないでしょう。

そこで考えて欲しいのが、ご自身の持っている知識の中で、50記事以上書けるようなジャンルがないかです。

自分の好きなことに関連する記事なら、たくさん書くことが可能なはずです。

私の場合は、それが占いでした。

いろいろな”占い名”(タロット、西洋占星術、九星気学、四柱推命、誕生日占い、動物占いなど)で検索した結果、それなりの検索数があって、且つ、自分が書けそうな題材を見つけ、それをブログのジャンルに決めました。

50記事ほど書くと、上位に上がってくるキーワードが分かってくるので、さらにそのキーワードの関連記事を重点的に書けば、50記事から100記事に広げていくことができるのです。

※必要な検索数や確認ツールの紹介など、具体的なジャンルの選定方法は次回改めて書きますが、気になる方は、このサイトで大まかな検索予想数は見れます。

自分の趣味や得意なジャンルを記事にする

友人の友人で昔インテリア会社に勤めていた人の話なのですが、100円ショップで売っている小物を使ってDIYでナチュラルインテリア雑貨を作って、それをブログで紹介していたら、人気ブロガーになって、本まで出版されたそうですよ。すごいですね!!!


Let’s DIY! カフェみたいなお家をつくろう

これを読んでくださっている皆様にも、ブログを書くなら、できるだけ自分が好きなことを書く方が楽しいし、続きやすいので、まずは自分の持っている知識や経験の中から、ブログのテーマに使えるものがないかを考えて欲しいと思います。

手始めに、自分の趣味や興味のあることを、どんどんノートに書きだしてみましょう!

趣味や特技のほかにも、好きなアーティスト、芸人さん、歴史上の人物、ゲーム、漫画、スポーツ、ペット、車、バイク、家電機器、FXなどの投資、旅行記、テーマパークなどの人気のあるスポットなどなど、自分の大好きなことで記事にできそうなテーマはありませんか?

頭の中の”引き出し”を、片っ端から開けて、ジャンジャン書きだします。

体験談を記事にする

病気や事故、トラブルなどの体験談なども、モノによってはたくさん検索されるかもしれません。

※ドラッグやアダルトなどの、やばいのは、アドセンス規約に引っ掛かるのでダメですよ…

私も過去に、卵巣に腫瘍が見つかり手術をしたことがあって、その時は不安でネットで情報を検索しまくりました。

辛い治療や闘病生活は、振り返りたくもない話かもしれませんが、同じ病で不安を抱えて情報を探している方のために記事にしてあげると、喜ばれるかも知れません。

病名ではあまり検索されないマイナーな病気でも、血尿や頭痛など、受診のきっかけになった最初の症状から広げていくという方法もあると思います。

他にも、痛風や更年期障害、鬱など、医療従事者や大手メディアが書くものとは違う、実際に経験した人にしか書けない記事を書くのです。

病気以外でも、ブライダル、妊娠やお産のこと、無痛分娩や逆子、美容関連の手術、施術、レーシック、インプラント、ダイエット、子育て、浮気、就職、転職、介護、海外旅行、外食などなど。

※これは検索数を抜きに、いろいろ羅列しただけです

自分が困ったことは、他にも困っている人がいる可能性が高いので、次の人が困らないように記事にしてあげるというスタンスもよいと思います。

未来に起こることを記事にする

自分が持っている情報を発信できれば一番楽ですが、それがかなりマイナーで検索する人が少ないとすれば、頑張って書いても誰も読んでくれませんから、別の題材を探しましょう。

ちょっと手間がかかりますが、自分の興味ある事柄を取材して、記事にするのです。

小さなお子さんがいては、遠方まで取材に行くことは不可能ですから、身近なところで題材を見つけましょう。

しかし、今話題になっていることを、今から取材して書いていたのでは、ブームは終わってしまいます。

始めたばかりの個人のブログに、自らブームを作るパワーなんてありませんし…

もし、未来に起こることが分かっているなら、みんなが書く前に記事にしておけば、その出来事が起こる頃には、検索順位も上の方に表示されるかもしれません。

例えば、東京近郊にお住まいなら、3年後には東京オリンピックが開催されますし、

「東京 オリンピック アーチェリー 会場 付近 ランチ」

のようなキーワードに引っ掛かるように、作っておくというのはどうでしょうか。

私がオリンピックを見に行くなら、こんなキーワードで検索しそうな気がします。

今のうちから取材しながらコツコツ作っておけば、直前になって”にわか”に参入してきたライバルを寄せ付けないくらいボリュームも大きくなるし、強くなるはずなので、オリンピックの時期にはものすごいアクセスが見込めそうですね。

ただ、オリンピックが終わったらこのキーワードでは誰も検索しなくなりますので、キーワードの修正は必要になりそうですが…

その他にも、ドラマ化や映画化が決まったコミックや書籍に関する記事をせっせと書いておくと、映画が公開される頃には、ドッとアクセスが来ます。

映画のロケ地は、観た人は興味をもちますから、”地元がロケに使われた”というニュースを耳にしたら、すぐに取材して記事にしておくのです!

また、海外で人気のお店が日本に出店するという情報を掴んだら、OPENするまでにページを作っておくのです!

1ヶ月後にTVで取り上げられる情報を事前にキャッチしたら、いち早く作るのです!

大事なことは、人よりも先に記事を作るということ。

情報にかなり敏感な人には、楽しみながら作れるので、合っていると思います。

立地を生かした記事を書く

観光地近辺にお住まいなら、ガイドブックには載っていないような穴場を紹介してはどうでしょうか。

地元民ならではの、ピンポイントの濃~~~い情報を載せてあげるのです!

”ある百貨店の〇〇店のデパ地下のスイーツことだけについて、かなり詳しく書いているブログがあって、いつも行かないと書けないような記事が盛りだくさんで、私はこういうのを読むと「極めてるな~」と本当に感激します。

本店までわざわざ行かなくてもここで買えるとか、逆に有名なお土産でここで買えないのはコレだ!とか。

観光客の目線に立っていて本当に優しいブログだと思いました。

しかし、日本人向けの記事はすでに溢れています。

外国人観光客が年々増加していますので、どうせ書くなら、外国人観光客をターゲットにするのはどうでしょうか。

外国人観光客向けの記事を書く

ブログタイトルを英語にして、日本に来た外国人観光客向けのサイトであることをアピールするようなサブタイトルがあるとよいかもしれません。

外国語が出来なくても、日本語で書いて翻訳プラグインを入れておけば、90ヶ国語に翻訳が可能です。

※私のブログにも入れております(サイドバーの国旗のマークのGoogle Language Translator

恐らく、ここ何年かの間に言語の壁は取り払われ、Webページは特別な操作をしなくても、世界中のあらゆる言語で見られるようになると私は予想しています。

そうなれば、発信したブログが、世界中の人に読んでもらえるようになるかもしれません。

ドキドキしますね!

それはさておき、私たちが海外に行った時に、”日本語メニューあり”や、”日本語OK”という情報が事前にわかると、とても安心できると思うんですが、そこからもう少し突っ込んで、日本語で書いてある内容を外国人にわかるように説明してあげるのはいかがでしょうか。

「おすすめは〇〇です」と書いてある名前を、単純に翻訳サイトで翻訳しただけでは、どんな食べ物か想像できない場合も多いと思うんです…

  • 桜餅 ⇒ Sakura Rice
  • ぼたもち ⇒ Rice cake
  • おはぎ ⇒ Ohagi
  • 芋ようかん ⇒ Sweet potato

また、甘味処で「団子」と聞くと「甘いもの」であると私たちは想像できますが、外国人はもしかすると「つみれ」のような軽食をイメージしているかもしれません。

実際に食べてみて、イメージしていたものと違うとガッカリしますよね。

「外国の食べ物に例えると〇〇に近い」とか、甘いとかしょっぱいとか、硬いとか柔らかいとか、スイーツなのか軽食なのかとか、おすすめはこう書いてあるけど本当はこれが一番売れているとか、これが一番安いとか、これとセットで頼むといいとか、日本人には当たり前で必要のない情報でも、そこまで細かく突っ込んで載せてあげることで、外国人には有難がってもらえるかもしれません。

他にも、お好み焼き屋さんで「おすすめはミックス」と書いてあるとしたら、本当は豚玉が一番おいしくて安くて売れているのに、観光客はミックスを食べさせられるんですよね…

近所のお店をリサーチして、外国人が好みそうなお店があったら、チェックして情報を載せてあげましょう。

実は、外国人は日本人が好むようなこじゃれたお店より、民芸調とか、コ汚い老舗の方が好みかもしれません。

ただ、情報がないと怖くて入れないと思うので、その情報を与えてあげるのです。

地元の「本当のおいしいもの」や、絶対ガイドブックに載らないような名店を紹介してあげましょう。

※ちなみに観光地じゃない場所の記事を書いても誰も来ませんから、そんな時は超有名観光地を絡めて、そこからの行き方を書いてあげるといいかもしれませんね。

他には、今の日本は台湾などに比べて公共Wi-Fi事情が悪いので、そいう言う情報や、外国語が話せるガイドがいる場所や営業時間など、外国人観光客目線で作ってあげると良いと思います。

大事なことは、大手旅行サイトや自治体などが作るサイトではマネできない、個人のブログならではの、つっこんだ記事(いいことだけじゃなく、悪いことも書くような)を書くということです。

日本人向けなら3行ぐらいで終わりそうな情報も、10行ぐらいになるので、文字数も稼げてボリュームがでそうです!

専用のTwitterアカウントを作成して、外国人をたくさんフォローして拡散するのも手かも知れませんね。

大手サイトのスキマを探して記事を書く

50記事ぐらい書けそうな得意なジャンルがあっても、検索結果の1ページ目に、大手サイトがズラ~っと並んでいるキーワードでは、勝てる見込みは薄いです。

ものすごく強いライバルである、大手メディアのサイトに正面からぶつかっても太刀打ちできないのは当たり前で、こういう時は、脇を狙ったり、後ろから攻めたりして、スキマを見つけることが重要です。

先日受けたweb講習で知ったのですが、大手メディアサイトと言うのは、1つの記事を書くために、膨大な時間と人を費やしています。

ニュースのような記事はスピードが必要なので、1人のプロライターが書いていることがほとんどですが、長きにわたって繰り返し検索されるようなキーワードを狙た記事は、細かいプランニングをして、記事の中身もじっくりと調べて、きちんと構成された記事が実際にアップされるまでにかなりの時間と人が関わります。

1人の人間が思い付きで書いた記事は、その人間、1人の知識しか入っていませんが、複数の人が関わることで、いろいろな意見や知識が混ざります。

そして、持っている知識だけを記事にするだけでなく、書籍を調べたりするインプットにもかなりの時間を掛けているようでした。

多勢に無勢で、はなから勝負にならないと感じるかもしれません。

私も最初はそう思いました。

けれど、ネットの世界と言うのは、一個人でも、大手メディアと対等に戦える土俵が用意されています。

『下剋上』が許されているのです!

織田信長が桶狭間の戦いで、今川義元率いる10倍の軍勢に打ち勝ったのには、「策」があったからこそ!

この集団に打ち勝つために、個人ならではの視点を武器に、大手では手が届かないスキマにあるスイッチを探す必要があります!!!

一般的にユーザーは、記事を読んでいて「ん?」と思うところが出たら、その中の語句をコピペして、さらに検索します。

なので、このコピペするキーワードを狙うのです。

大手サイトの『おこぼれ』を狙う策なのです。

ビックワードで1位表示されている大手サイトの記事をじっくり研究して、次のキーワードになりそうなものを探して、そのキーワードの記事を書いて1位を狙います。

そしてここで完結させて、ユーザーをスッキリさせてあげましょう!

ジャンル選定が明暗を分ける

さて、長々と書いてしまいましたが、イメージは膨らんだでしょうか?

よいジャンルを見つけられるかどうかで、8割方決まってしまいます。

ここは誰かの真似をしてもダメで、自分で探すしかないのです。

私も時間を見つけては、次のブログの計画を立てていますが、なかなかまとまらず、作り始めることができません。でも、途中でブレないためにも最初が肝心なので、ジャンルの選定には時間を掛けましょう。

スキマをうまく見つけ、勝負できるジャンルをどうにか見つけ出して頂きたいと思います。

次回は、この書きだした中から、アクセスがありそうなテーマを選定する方法をお伝えします。

この記事のまとめ

  • 長期に渡って上位表示してくれる強いブログを作るためには、最初の3ヶ月間はほぼ毎日更新するのが近道
  • 1つの特化したジャンルで50記事以上書くには、自分の得意なことを記事にするのがベスト
  • 取材をして書くなら、今流行っていることを今書くのでは遅い!未来のことを書く。
  • 人と違う記事を書く為に、1つのジャンルを掘り下げるコツ
  • 大手サイトや自治体などが作るサイトにはマネできない、個人のブログならではの、つっこんだ記事(いいことだけじゃなく、悪いことも書くような)を書く
  • 大手サイトのおこぼれを狙う
  • アドセンスアフィリエイトでの成功は、テーマ(ジャンル)の選定で8割決まるので、じっくり選ぶ

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

backボタンTOPbotan次へボタン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加