ダイニングテーブルを「こたつ」にDIY改造した話

こたつ

「自宅のLDKをソファーダイニングこたつ(こたつダイニング?)にしよう!」と思い立ち、家にあったコタツからヒーターを外して、15年以上使っているパイン材のダイニングテーブルに取り付けて、天板を外してお布団を挟めるようにDIYして、ダイニングこたつに改造しました~♪

で、リビングとダイニングを兼用する「ソファーダイニング(こたつ)」にインテリアを変更したところ、なかなか快適で暮らしやすくなったので記事にしました。

カフェ風のソファーダイニングに「こたつ」を合体!

主婦ブロガーの私は、自宅のリビングで仕事をしているのですが、冬になるとどうしても「おこた」が恋しくなってしまいます。

うちのコタツは、椅子で使うようなハイタイプではなく、昔ながらの床に座って使う「座卓タイプ」ですから、ダサいのは承知の上で、フローリングの床に昔ながらの家具調コタツを置いて使っていました。

人に見られると恥ずかしいインテリアですし、ぬくぬくとしたコタツに一度入ったらアウトで、疲れたらすぐに横になって昼寝をしてしまい、生活はだらけるし、部屋が散らかった印象になるしで、「こたつは良くない!」と思いながらも、どうしてもぬくぬくの誘惑には勝てず、今年もおこたを出したのでした。

でも、やっぱりフローリングにコタツは変ですし、毎年、ハイタイプのコタツを買おうかどうしようかと迷いながらも買えずにいて、懲りずに今年もネットで探していたのですが、巷では、カフェ風の「ソファーダイニング」なるものが流行ってきていることを知りました。

ダイニングセットとソファーを合体させて1つにしちゃうというもので、↓の画像のようなイメージです。

ソファーダイニングテーブル

ダイニングにはダイニングテーブルを置いて、リビングにはソファー&ローテーブルを置く!

こんな固定観念に囚われていた私でしたから、目からうろこでした。

田舎の家ですから、うちのLDKは決して狭いという訳ではないのですが、ダイニングテーブルとソファーの両方をゆったりと置けるほどの広さはなく、「イマイチ動線が悪いし、通路が狭い…」と思いながらも10年以上も我慢して暮らしてきました。

ソファーとダイニングテーブルを合体させれば、LDKを広々と使えるし、ダイニングテーブルをコタツにすれば、かなり快適になる!

ということに気がついた私は、本気でダイニングテーブル型のコタツを探し始めました。しかし、コタツを買い替えるのと、ダイニングテーブルを買い替えるのとでは訳が違います!

婚礼家具としてそれなりにこだわって買ったダイニングテーブルだったので、愛着が半端なく、あっさり処分してコタツに入れ替えるなんてことができなかったのです。

とは言え、「100年使えばアンティークになる!」と大事にしてきた家具ですから、こたつに改造ってどうなの!?と言う気もしますし、もしもお店の方やこの家具を作った職人さんがこの改造を知ったら・・・怒る(悲しむ)かもしれませんが、どうしても手放したくなかったのです。

考えあぐねた結果、「快適に暮らしながら大好きな家具を愛用し続けたい!」という結論に達し、おこたに改造することを決めたのでした。

購入時には脚と天板はバラバラに運ばれてきて、運送屋さん?が組み立ててくださったので、天板が外せることは知っていましたから、インパクトを使ってビスを取るだけで簡単に天板は外せました。

うちのダイニングテーブルには引き出しが付いていて、引き出しを支えるための桟(木)がありましたから、その木にL字の金具を使ってヒーターをビス止めしました。

ダイニングテーブルにコタツを取り付け

引き出しがないタイプのテーブルの場合は、天板を外すとヒーターを取り付ける場所はありませんから、ベニヤ板や木材を渡して、そこにヒーターを取り付ける必要があると思います。

私は手持ちのこたつからヒーター部分を外して再利用しましたが、ヒーターは別売りもしています↓。

※テーブルの分解や、こたつヒーターの設置についての安全性は保障できませんから、あくまでも自己責任で行ってください。

こたつ布団をオーダーサイズで注文

ダイニングテーブルをコタツに改造することができましたが、これまでの座卓タイプのこたつ布団ではサイズが合いません。

それに、一般的なハイタイプ用のこたつ布団よりもテーブルの高さが高い為、市販品では丈がどうしても足りません。

更にうちのダイニングテーブルは割と大きめサイズなので、ジャストサイズの市販品のこたつ布団を見つけることは困難でした。

ダイニングテーブルの脚を切ってサイズを合わす方法も考えましたが、ダイニングテーブルの姿をこれ以上変えたくなかったので、こたつ布団の方をオーダーすることにしました。

私はクルームフィールズさんというネットショップで注文しました。

こたつ布団は、カラーもある程度選べて、最大で幅:270×丈380cmまで5cm単位でサイズオーダーOK。

注意事項 商品説明|カラバリ|オーダー項目・ご注文の流れ|注意・納期・仕様など|カート こたつ台・こたつ敷き布団・こたつカバーは別途ご用意をお願いします 本品は洗えません。汚れがひどい場合は最寄りの布団丸洗い専門店にご相談ください ...

マイクロファイバー毛布は、最大サイズが280×380cm。5cm単位でサイズオーダー可能。

【オーダーメイド対応】マイクロファイバー毛布 cu:room feelds(クルームフィールズ)

普通のこたつ布団をダイニングテーブルのサイズで作るとなると、3.5万~4万円弱と、かなりいいお値段になってしまいますが、マイクロファイバー毛布のような生地ですと、2.5万~3万円弱で作ることができます。

ちなみにうちはマイクロファイバー毛布でオーダーしました。

お布団をオーダーした場合、相当大きなサイズになるので、夏場にしまうスペースが必要ですし、自宅では洗濯できないので、布団洗い屋に頼むとしても特注サイズですから洗濯費用も嵩みそうですし…

毎日食事をする場所で使うことになるため、汚れやすいですし、もこもことした布団よりも薄手のほうが使い勝手が良いかな~と。

でもこれ1枚だけではペラペラで寒いですから、今まで使っていたこたつ布団を部分的に挟んで、その上にマイクロファイバーの毛布を、カバーを兼ねて掛けることにしました。

ダイニングテーブルとソファー・椅子の高さが合わない時

ダイニングテーブルの椅子をソファーにすると、テーブルが高すぎて使いづらいです。

その場合の対処法としては、

  • ダイニングテーブルの脚を切る
  • ソファーの脚の長さを変える

の二択になるかと思います。


ソファーの脚の長さを変える場合、ネジの直径の規格が、8M(8mm)と10Mというタイプがあるようなので、脚の長さ以外にネジの直径にも気を付けてください。

ちなみに私はM8を購入したところサイズが合わず、ハンガーボルトをM10サイズのものに入れ替えて使用しました。もともと入っていたハンガーボルトを抜く作業が結構大変でしたので、ビスの径は根元をしっかり測って買ったほうがいいかも。

すったもんだしましたが、短かかったソファー(オットマン)の脚を、こんなに長い脚に入れ替えることができました~

ソファーの脚を入れ替えた画像

こたつダイニング、とっても暖かで快適ですよ~♪

LDKが広々としました。

こたつの脚を替えてハイタイプで利用するのもアリ!?

ソファーの脚を入れ替える作業をしている時にふと思ったのですが、座卓タイプのコタツをお持ちで、脚が容易に付け替えられそうなタイプなら、ダイニングテーブルにヒーターを移すよりも、コタツの脚を長いものにDIYしてハイタイプで使用するという発想もアリかもしれません。

こたつダイニングのDIYをご検討の方のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加