嵐の櫻井くんの「オロナミンC」のCMに隠されたメッセージ

オロナミンCのCMの赤い球
スポンサーリンク

自分のしたことは自分に跳ね返ってくる

最近、「嵐」の櫻井 翔さんが出演している、「オロナミンC」のCMが気に入っています。

「元気は、返ってくる。」篇 と言って、櫻井君が赤いボールを投げたら、そのボールがいろんな人のところに飛んでいって、どんどん大きくなって、最後には櫻井君のところに返ってきて大玉につぶされる というオチのあるCMです。

「因果応報」を形にしたもの

単純にCMが面白いというだけではなく、「因果応報」という、とっても深い意味を感じます。

壁にボールを投げると、自分に跳ね返ってくるように、良いことをすれば良い報いが自分に返ってきて、悪いことをすれば悪い報いが自分に返ってくるというのが「因果応報」の考えです。

そのボールは、たとえ自分がよけても、その後ろにいる、自分の子供や孫に当たることもあります。

私は宗教やスピリチュアル的なことは、あまり好みではありませんが、この「因果応報」を含め「カルマの法則」や「輪廻転生」の考え方には共感するものがあります。

特にボールを壁に投げる話は、子供への説教によく使っています(笑)

このCMはコメディタッチで作られていますが、

「自分の行いは最終的には自分に返ってくるんだよ」

という、ちょっとした戒めですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加