四柱推命の五行カラー(風水カラー)を使って車庫の方位から車のボディカラーを選んで開運しよう!

カラフルなボディーカラーの車

車の色選びって、迷いますよね。

生年月日から導き出したラッキーカラーを使って選ぶ方法もありますが、車のカラーにも風水を取り入れ、車庫やカーポートなどの駐車スペースの方位を調べて、その方位に合ったボディカラーを選んでみてはどうでしょうか。

車はサイズも大きいし、ちょっとした小物を置いたり、カーテンを変えるよりも、大きな効果が期待できそうな気がします。

スポンサーリンク

紫色の車が欲しい

そろそろ私の自動車を買い替えなければならない時期。

先週からディーラー巡りを始めました。

ここ数年の流行か、濃い紫と言うか、パープル色の車をよく目にするようになりました。

元々、私は紫色が大好きなので、次の車はパープルにしようと思っていましたが、パープルや紫色のボディーカラーがある車は、何となくヤンキーっぽさを意識しているものが多い気がするのは私だけでしょうか⁉︎

普通のおばさんが乗る車にも、紫色が選べるといいのに。ま、需要がないんでしょう…

パープルには縁がなかったのかな…と少しテンションが下がったのですが、たまたま展示してあった赤い車を見かけてトキメキました。

そう言えば我が家の駐車スペースは、家の中心から見て南側にあるので、南のカラーである赤が一番適していることに気がついたのです。

駐車場の方位で車両のボディカラーを決める方法

東西南北の方位には、それぞれのイメージカラーがあって、そのカラーを配置することで、方位のパワーが高まり、運気がUPします!

風水でよくある、西に黄色を置くような感じで、

方位のパワーを強めるカラーを選ぶ、という訳です。

風水が好きな人は、風水のカラーを選ぶといいと思いますが、私の場合は四柱推命を信頼しているので、五行カラーを使います。

ちなみに、四柱推命で使う五行カラーは、(もっかどごんすい)を基本にしていて

  • 木=東 : 青 緑
  • 火=南 : 赤 オレンジ ピンク
  • 土=中央 : 黄色 茶色 ゴールド
  • 金=西 : 白 シルバー
  • 水=北 : 黒 濃いグレー

になります。

北に黒、東には青、という感じで、その方位に合った色を配置すれば、気の流れが良くなるのでオススメです。

ご自宅の車庫や駐車場の方位を見て、車の色選びの参考にしてください。

もちろん車以外にも何でも応用できますよ~♪

八方位の五行は↓を参考にしてください。八方位は、必ず家の中心で方位磁針(スマホのアプリでもあります)を使って確認して下さいね。

東南 南西 西 北西 北東
青・緑 黄色・金 白・銀 黄色・金

※家の中心の五行も「土」になるので、五行カラーは、黄色・ゴールドです。

インナーガレージにはイエロー系かゴールドを!

私が特におすすめしたいのが、インナーガレージ(ビルトインガレージ)のお宅です。

1Fが車庫で、2F以上を住宅として使用する場合、家の中心に車を駐車することになるので、イエロー系やゴールドの車を選ぶと、かなりのパワーアップが期待できそうな気がします!!!

それに、インナーガレージ(ビルトインガレージ)はとても便利なのですが、”欠け”になるとか、排気ガス等の悪いが充満するため、「風水的にはあまり良くない…」と言われがちな代物なので、気になる方は五行カラーの力を借りてはどうでしょうか。

まぁ、気休めだと言われれば、それまでですけどね

五行カラーに紫色がない理由

ちなみに、五行カラーに紫がないのは、紫色は高貴な色で、位の高い人しか使えない色だったからだそうです。

聖徳太子の作った、冠位十二階を見ればわかりますが、最も位の高い色は濃い紫色で、次が薄紫色、その下に五行カラーが陽陰の順で続いていますから、紫はかなり特別な色だったようです。

  1. ●濃紫
  2. ●薄紫
  3. ●濃青
  4. ●薄青
  5. ●濃赤
  6. ●薄赤
  7. ●濃黄
  8. ●薄黄
  9. ●濃白
  10. ●薄白
  11. ●濃黒
  12. ●薄黒

私のような庶民には不釣り合いということなのでしょう。

ちなみに、日本では「紫」が最も位の高い色でしたが、中国では”中央”を表す「黄色」が最も高貴な色であり、皇帝だけがいつも黄色の服をまとっていたのだとか。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加