四柱推命の五行ラッキーカラーの応用でさらに運気パワーアップ!!!

五行の相生

生年月日を入れたら四柱推命のラッキーカラーがわかる!色のパワーを利用して開運しちゃおう!
の記事を読んでくださる人が増えてきたので、もう1つ関連する記事を書いてみました。

ラッキーカラー確認ツールを使って出てくる、

  • 気力、体力をUPしたい時→健康運(自分の五行の色)のカラーを強くする
  • 家庭運、感性を高めたい時→家庭運のカラーを強くする
  • 金運をUPしたい時。男性は異性運をUPしたい時→金運のカラーを強くする
  • 仕事運、女性は異性運をUPしたい時→仕事運のカラーを強くする
  • 試験に合格したい、落ち着いて集中したい時→勉強運のカラーを強くする

という基本的な使い方にプラスして、

  • 1つ手前の五行を強くするとよりパワーアップ
  • 1つ先の五行を強くするとパワーダウン

という合わせ技で、さらなる運気アップを図ろう!という記事です。

スポンサーリンク

五行カラーのひとつ手前のカラーとの合わせ技

ラッキーカラー確認ツールで、ご自身の生年月日から導き出す「五行カラー」が分かったところで、より大きなパワーが欲しい時は、出てきたカラーの1つ前のカラーを組み合わせると良いそうです。

五行カラー

例えば、あなたの金運UPのカラーが、金の五行カラーの白・シルバーだった場合、その1つ手前の土の五行カラーである黄色・茶色・ゴールドを組み合わせることで、ますます金運がUPするのです!

服は白にして、靴やバッグを茶系にしたり、ゴールドのアクセサリーを身に着けたりすれば、よさそうですね。

逆に、「強い自我を抑えたい…」そんな風に思う人は、自分のラッキーカラーの次の色(家庭運の色)を強くすれば、力が吸い取られるのでバランスが良くなることがあります。他にも、二つ手前の色(仕事運の色)を強くすることで、強すぎる自分を抑える効果があります。五行占い

参考外部記事 最近書き始めたブログの中で、ご自分の生年月日から「五行のバランス」を知る方法をご紹介しています。

ご自分の五行バランスを知って、効果的にラッキーカラーを使うことで、より運気がアップしやすくなるかも!?

↓↓↓

四柱推命の「五行バランスとラッキカラー」の見方

お稲荷さんも五行カラーの合わせ技を!?

お稲荷さんが「五行カラーの合わせ技を行っている」って話、聞いたことありますか?

お稲荷さんについてはいろいろな説があるので、ここでお話することも、その諸説の中の一つと言う程度にお考え下さいね。

金運を高めるカラーは白。なので白狐!?

全国にある「お稲荷さん」と呼ばれる稲荷神社は、『商売繁盛』『金運UP』のご利益がある神社らしいのですが、お稲荷さんでは白いきつね(白狐・びゃっこさん)が神様のお使いということで、神社の境内には狐の石像があります。

「なぜお稲荷さんのお使いは狐なのか?」と言うことに関しては、よくわかっていないようですが、きつねの色が白いのは、金運UPの色が白だからという説があります

白狐の置物


神社などでは、木火土金水(もっかどごんすい)という5つの要素に基づいた、陰陽五行説の考えが古くから存在します。五行は、四季・方位・色などのあらゆるものに配されています。

そして五行を方位・色分けしたのがこちら

↓↓↓

  • 木-東-青・緑
  • 火-南-赤
  • 土-真ん中-黄色・茶色・金色
  • 金-西-白・銀色
  • 水-北-黒

金の五行=西。西は金運を司る方位であり、西の色は白! 

と言う具合に、各方位に合った五行色を配置することで、その方位のパワーが高まる、という考え方になります。

最近の風水は、日本古来の陰陽五行(大昔に中国から伝わったものをベースに確立されたもの)と、明治以降に外国から入ってきた教えが入り混じったものに変化しています。風水では「西には黄色」が一般的ですが、日本古来の風水は、『東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武』という四神を象徴としたものであり、よって「西は白」なのです。ちなみに『中央は麒麟』。なので、街道の中心である日本橋には麒麟像があるのだと思います。日本橋麒麟像

他にも、時々祀られている白蛇についても、白狐と似たような理由で金運UPの守り神とされたのかもしれません。「しろへびの皮をお財布に入れる」という話は有名ですもんね。

最近ではシロフクロウとか…白いものなら、何でも金運UPの象徴になるのか?と言われれば微妙ですが、まあ、西側に白いグッズを置いたりすれば、気の流れが良くなって、お金がどんどん舞い込んでくるはず!?

なのであります!

お供えの油揚げは土の色

さらに、白狐に油揚げをお供えするのはなぜか?

油揚げが好物だとか、狐が好きな食べ物の味に似ているとか、ネズミの油で揚げたものだとか、こちらも諸説あってどれが本当かはわかりませんが、昔、ある占い師の先生に聞いた話では、さらなる金運UPを目論んでのひとつ手前がだから、土の色の品をお供えすることにしたそうで、茶色い「油揚げ」が供えられるようになったのだとか。

一つ手前の五行を強くすることで、さらなるパワーアップを狙った、という訳です!

更にもう一つ手前の火の色は赤い鳥居

さらにさらに、もっともっと金運をUPしたい!!!ということで、もうひとつ手前のの色であるまで持ってきた!

というのが、赤い鳥居なのだそうです。

お稲荷さんの鳥居

確かにこれだけ鳥居が重なっていれば、ものすごいパワーが生まれそうな気がしますね

まあ、ちょっと強欲な気もしますし、大嘘かも知れませんが、こんな説もあるのだということで記事にしてみました。

という訳で、大事な勝負を賭けるような時は、ラッキカラーに、さらに一つ手前のカラーを組み合わす、合わせ技を試してみてください。(効果は保証できませんが…)

以上となります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加