占いを信じる人、信じない人

タロットカード占い

どーも!占い好きの主婦です♪

数年前、占い好きが高じて、試しに電話占い師のオーデションを受けたら合格したので、しばらく自宅で電話占い鑑定をしていた時期がありました。

でもいろんなことがあって、この道は向いていないなぁと感じ、すぐに辞めたのですが、その時に出会った、占いに依存する人について記事にしました。

スポンサーリンク

占い師のお客様

私の夫は占いを全く信じない人です。

私の夫のような人は世の中にたくさんいますから、占いという商売は、世の中の人の全員が「お客様」にはなりません。

人は、何かに迷った時、一人で決断できない時に、誰かに相談する事があります。

その相手は、友人だったり、親兄弟だったり、先生や先輩だったり・・・と人によって様々ですが、その相談相手の選択肢のひとつとして、「占い師に相談する」という人も、世の中にはいるんです。

そういう人が、占い師にとっての「お客様」となります。

私がそのタイプで、今は四柱推命を勉強して自分自身で占えるようになったので、占い師さんを頼ることはなくなりましたが、若いころは結構お世話になりました。

世の中の何パーセントの人が、占い師を頼るのかは存じませんが、ネット社会の影響からか年々その人口は増えてきていて、占いの市場はかなり熱くなってきています。

占いに依存する人

特に電話占いは、顔が見えないことで、恥ずかしい質問もしやすく、思い立ったらすぐに電話で占ってもらえる手軽さがウケて、依存症のようになってしまう人も増えていると言います。

”当たる”と評判の特定の占い師さんのファンになって、あれこれ相談したい気持ちは理解できます!

しかし、「彼の気持ちが知りたい」というオーソドックスな質問だけに留まらず、酷い人は、

「好きな彼の顔を見に行こうと思うのですが、今日がいいですか?明日がいいですか?時間は何時に行けばいいですか?」

と、こんな細かいことまで、聞いてくる人もいました。

でも、占い師は神様ではありませんし、何でもかんでもわかるはずがないのです・・・

過去に占い師にマインドコントロールされて言いなりになっている、と話題になった女芸人がいましたが、大事な決断を人に決めてもらうのは、きっとその方が楽なんでしょう。

しかし、何でもかんでも占い師に依存して、自分で考えないようになってはダメですよね。

「占いではこう出ています」という結果だけ聞いて、占い師が何を言おうが、最後の決断は自分でするようにしないと、何も自分で決められなくなってしまいます!

変な電話占い会社では、わざとお客様の不安をあおるようなことを占い師に言わせて、再び電話を掛けさせるような指導をしている、ひどい会社もあると聞きました。

迷いやすい人が占い師を頼る気持ちは、よ~くわかりますが、流されないように自分自身で見極め、一歩引いた気持ちで冷静に利用する必要があると思います。

もし全部占い師さんの言いなりで大事なことを決めて、結果的にそれがうまくいかなかったとしても、占い師さんは責任を取ってはくれません。

自分の人生なんですから、「最後の最後は自分で決める!」というスタンスを貫かないと。

勝手な持論を書きました。

お読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加