節分の福豆で金運UPのお守りを作りましょう!

節分のお面と豆と丸かぶり寿司
スポンサーリンク

節分の前後は運命が変化しやすい

2月に入り、もうすぐ節分ですね。

旧暦では、2/4の立春~2/3節分までを1年間と換算し、

立春=元旦、

節分=大晦日

になります。

私は昔、四柱推命を学んでいたので、今でもその先生の影響で、一年の始まりは立春にしています。

最近は別の先生から風水を学んでいるのですが、その先生も同じ考えでした。

節分の前後は折木の時期

毎年、節分前後のこの時期は 「接木の時期」 と言って、運命が変化しやすい時と言えます。

寒いせいもありますが、1月と2月は、1年の中で一番、人が亡くなる月なのだそうです。

自分に死が訪れるのはもちろんですが、家族が亡くなるのも大きな運命の変化です。

なので私は、毎年この時期になると、何か嫌な変化が起きやしないかと、そわそわして落ち着かないんです。

寒いのも苦手なので、この時期が嫌で嫌でたまりません。

今年も何事もなく、過ぎてほしいものです・・・

節分の豆まきで福を拾う

節分の日は、毎年必ず、神社やお寺の節分祭に行って、豆を拾います。

豆まきで1年の厄を落し、夜は巻きずしの丸かぶり(恵方巻)をして、立春の朝は玄関のお札を貼り換えて、新たな1年を迎えるのが我が家の恒例です。

今年も仕事の休みを取り、準備は万端。

「福豆をたくさんGetして、今年も明るいスタートを切ってやるぞ!!」

と意気込んでおります。

そしてGetした福豆を周りの人に配って、福をお裾分けすると、結構、喜ばれます(^◇^)

福豆で金運UPのお守り

昔、占いの先生に教わったのですが、拾った福豆を7粒、白い布で作った小さな座布団に入れて、それを1年間お財布に入れておくと、金運がUPするそうです。

私はこれを実践するようになって10年程経ちますが、お金が入ってくるかどうかはともかくとして、出ていかなくなったような気はします。

とりあえず借金はありません。

気になる方は、やってみてくださいね。

恵方巻の方位は誰が決めているの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加