大河ドラマ「花燃ゆ」はつまらん?!

松下村塾

つまらん

つまらん

つまらん

大河ドラマ「花燃ゆ」の序盤で、高杉晋作役の高良健吾さんが、このセリフをわめいていました。

そんな高杉晋作に、久坂玄瑞役の東出昌大さんが言ったセリフが、

「お前の人生がつまらんのは、お前がつまらんからじゃ」

心に突き刺さりました…

大河ドラマ「花燃ゆ」は、吉田松陰のというマイナーな人物が主人公のお話です。

「江」の時もそうでしたが、主人公がマイナーな人物である場合、登場シーンを増やすために、メジャーな人物の登場シーンに無理やり絡ませる手法を取らざるを得ないため、歴史を捻じ曲げてるだの、無理があるなどと、今回もいろいろバッシングされていますね。

そして視聴率が一桁台だとか、打ちきりだとか、 主役の井上真央さんを気の毒に思ってしまいます。

ドラマの視聴率が振るわないのは、最近、ドラマを録画して見る人が増えているからだと思います。

私もその一人で、CMを飛ばしたり、セリフが聞こえにくい時は巻き戻してみたり、つまらないシーンは早回しで見たりできるからです。

「花燃ゆ」も最初は早回しで見ることが多く、本当に「つまらん」と思いながら見ていましたが、徐々に引き込まれるようになり、気が付いたら早回しすることがなくなっていました。

「あなたの志は何ですか? 」

吉田松陰先生は亡くなってしまいしたが、このセリフはこのドラマの中で生き続けていますね。

忘れた頃に出てきて、その都度、自分と重ねます。
私の志ってなんだろう・・・

自問自答していますが、まだちゃんとした答えは見つかっていません。

この後、吉田松陰のは、夫の久坂玄瑞を亡くし、長州藩の大奥に仕えるようになるそうです。

むさくるしい男ばかりの話から、きらびやかな女の園へとガラリと様変わりし、物語の展開がどうなっていくのか今後が楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加