世界ジュニアスケート選手権で優勝した本田真凛ちゃんは七田っ子

アイススケート画像

先日、2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝優勝を果たした本田真凛ちゃんにつて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

本田真凛ちゃんは本田望結ちゃんのお姉さん

本田真凛ちゃんは、女優・タレントの本田望結ちゃんのお姉さんであることは有名ですね。

望結ちゃんは、ドラマ「家政婦のミタ」のキイちゃん役で有名になった頃から、七田チャイルドアカデミーのイメージキャラクターになりました。

そして、望結ちゃんご本人も七田チャイルドアカデミーに通った七田っ子であり、5人のお子さん全員を七田チャイルドアカデミーに通わせていた(いる)ことを、親御さんが会報誌のインタビューで語っておられました。

ということは、真凛ちゃんも七田っ子な訳です。

七田っ子らしい本田真凛ちゃんのコメント

私の息子も七田に通わせていたので、教室でもらえる会報誌などに、何度か望結ちゃん一家のことが取り上げられていたことを覚えています。

月謝が高くて有名な七田教室に、ご兄弟5人全員を通わせているなんで、お金持ちなんだな~という印象でした。

それに5人をお教室に送迎するって、ご両親も大変だろうな~と感心します。

それなのに、スケートまで…すごいとしか言いようがありませんね。

うちなんて一人でもやっとだったのに…

で、今回世界ジュニア選手権で優勝した時の真凛ちゃんのコメントが、

「すごく楽しんで滑れた。本当に緊張しなかった。今までで一番のフリーができた。表彰台を目標にしていたので良かった」

大まかに言いうとこんな内容でしたが、その様子をニュースで見た瞬間、もろ七田っ子丸出しで思わず笑ってしまいました

七田教育は、とにかく右脳のイメージを大切にします。

右脳はイメージや感性の脳であり、右脳をトレーニングしてイメージ力や感性を高めて、左脳の表現に繋げていく、という教育を行っているんです。

行動する前に自分が成功している姿を繰り返し想像し実現させる!

恐らく、真凛ちゃんは、表彰台に上がる自分をしっかりとイメージして、リンクに上がったのでしょうね。

そしてそれを実現させてしまったところは本当にすごいです!

右脳と左脳がうまく繫がって結果を出せたのだと思います。

これからも頑張ってほしいものです!!

七田教室の右脳イメージとは

イメージトレーニングについては七田サイトに書かれていたので抜粋しました↓

イメージトレーニングとは?

イメージトレーニングとは、

  1. 瞑想(心を落ち着ける)
  2. 呼吸(丹田呼吸)
  3. 想像(イメージ)

という公式に従って、右脳のイメージ力を引き出すトレーニングです。
右脳はイメージ脳と言われます。このイメージする能力を育てることが大切です。

イメトレの効果

右脳は、イメージ脳と呼ばれ、イメージするとイメージした通りのことを、実現するという働きがあります。
つまり、どんなことでもイメージで解決できるようになります。
仕事、人間関係、学習、スポーツ、病気でさえも、イメージで自分の望む現実にすることができるのです。

七田サイトより

故七田眞校長先生の書籍もなかなか興味深いですよ

↓↓↓

息子が10年通った七田チャイルドアカデミーを卒業

私の息子は、この春から小学5年生になるのですが、0歳10ヶ月の頃から10年間通った七田チャイルドアカデミーを3月いっぱいで卒業することにしました。

高い月謝を10年間も払い続けて、為になったのかどうか今はまだわかりませんが、うちの子も本田望結ちゃんや真凛ちゃんのように、いつか七田で培ったことを活かしてくれたらいいな~なんて思っています。

ま、不良債権になる可能性もありますが

それでも、七田で学んだことは絶対に無駄になることはないでしょうし、七田で学んだ心を今後の人生に繋げてほしいと思います。

それにしても10年間もよく通ったな~と、感心します。

送迎をしていた私は、途中から半ば嫌々でしたが、当の息子はお教室に行くのが本当に楽しかったようで、10年間ほとんど休まずに通いました。

この春から、中学受験に向けて学習塾に通うのですが、そこでの学習で早速リトマス試験紙の色の変化の問題がでてきて、七田で覚えた理科ソングが役に立ちました。

七田の大事なことをソングで覚えるという勉強法は、右脳で覚えてしまっているから本当に忘れないんですよね。一緒に聴いていた私も覚えてしまいました。オススメです。

↓↓↓

という訳で、春から新しいサイクルが始まりますが、子育てについても時々書きたいと思います。

つづき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加