人は弱ってる時に資格を取りたくなる

資格取得勉強のノート
スポンサーリンク

田村淳さんが野菜ソムリエの資格を取った理由

あるTV番組を見ていたら、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがゲストで出ておられ、野菜ソムリエの資格を持っていると話していました。

なぜその資格を取ったかと言うと、「主婦からの好感度を上げたかったから」 だそうです(笑)

「結果的に好感度は上がらなかった」と苦笑を誘っていましたが「人は弱ってる時に資格を取りたくなる」とも仰っていました。

人は弱ってる時に資格を取りたくなるもの!?

確かに、淳さん、何かと標的にされているような時期がありましたし、淳さんも心に傷を負っていたんだな…と、妙にその言葉に納得してしまいました。

実は私も、心が弱っていて、先のことが見えないと感じている時に、「とりあえず資格でも取ってみようか」と思ったことがあります。

何かにすがりたい、という心境が働くのかもしれませんね。

頑張って勉強して取った資格を、次に生かせれば一番ベストなのでしょうが、たとえ生かせなくても、勉強したことやそこまでのプロセスは決して無駄にはならないはず。

資格は形に残るものですし。

「何をしていいのかわからない」という状況に陥ったら、資格を目指して勉強するのも一つの手ですよね。

何もしないでくよくよ悩んでいるよりはずっといいはず!

行動することで、初めて道は開けるのだと思います。

ちなみに私は主婦ですが、最近の淳さんはとっても落ち着いてきて、不快な印象を感じません。

今回のお話も野菜ソムリエの資格を勉強したからこそできたお話ですし、多少は主婦の好感度UPに貢献しているのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加