映画「海街diary」の感想。原作と映画は別物!原作と違う映像化作品についてのファンの想い

鎌倉の風景 江ノ電

私は漫画家の吉田秋生先生の作品が大スキです。

20歳のころ、BANANA FISH(バナナフィッシュ) で先生の作品に出合ったのが最初で、あれから25年。今も変わらず、ずっとファンです。

そんな吉田先生の作品「海街diary」が映画になると知って、ずっと楽しみに待っていたのですが、ようやく公開となり、映画館へと足を運びました。

スポンサーリンク

映画「海街diary」を劇場で観た感想

映画自体はとてもまとまっていましたが、私が想像していたものとは違っていました。

原作がそのまま映像化されると、勝手に期待し過ぎていた私が悪いのですが…

映画は、恋人とHした翌朝、ベットの中で裸で寝ている次女の佳乃役の長澤まさみさんの、足の指から、ググ~~っとなめまわすようなアングルで、脚をアップで映すところから始まり、他にも要所要所に長澤さんのプチセクシーシーンが出てきます。

適度なお色気は、映画のヒットには欠かせない要素なのかもしれませんが、長澤まさみさんのちょっとHっぽいアングルばかりが目につき、男性にはいいかもしれませんが、なぜそこばかり強調するのか…原作にはないエロさが鼻につきました。

※決して長澤まさみさんが悪いわけではありません!脚は超きれいでした。

一番残念だったのは、コミックの「蝉時雨のやむ頃」で、3姉妹と異母妹のすずが葬儀後に話すシーンで、セミの声がうるさい野外で、長女の幸が「お父さんを看取ってくれてありがとう」とすずの頑張りを認めて感謝するセリフを言った途端に、すずから、これまで堪えていた涙が溢れ出し、セミの鳴き声をかき消すほどの大声で泣く、というシーンがあるのですが、それを映像で表現してくれるものと思い、楽しみにしていました。

しかし、映画ではさら~っとライトに、全然違った感じで描かれていて、拍子抜けしました。

そのせいで、姉妹の距離が縮まったという部分がないまま、

「一緒に暮らさない?」「はい、行きます」

が、とても不自然なものに感じてしまいました。

まだ連載中の作品ですから、もちろんラストは決まっていませんし、長編の作品を2時間ほどに縮めて、面白く制作することはとても大変なのはわかりますが、「何でここ、こんな風に変えたの!?」と思う部分が何ケ所もあって…

思い入れの強い作品だけに、原作との違いが目に付きました。

映像化作品が原作と違うことは当たり前なんだけど…

映像化された映画やドラマが、「原作と違う!」と文句を言うのは、見当違いであることは承知しています。

ただ、どうしても原作のファンというのは、原作のイメージを大きく変えてほしくないと思ってしまいます。

登場人物のキャラを変えたり、ましてやストーリーを大幅に変えられたりしたら、何とも言えないガッカリ感が襲ってくるのです。

作者である先生が映像化を許しているのに、文句言うなら観るな!とツッコミが入るのもわかっていますが、”観ない”という選択肢はなく、やっぱり観たいので、ファンというものはわがままなのです…

とにかく今回のことで学びました!

映画やドラマは、原作とは別物であること。

そして、原作の改変は必ずある!ということを。

それを理解した上で、一歩引いた感じで観なければならないと!

これからはこのようなスタンスで行きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加