ブログのアフィリエイトで月10万円稼ぐために必要なキーワード検索数と選定方法

現金10万円を稼ぐキーワード

サジェストキーワードもチェックする

ブラウザの検索窓に文字を入れると、よく検索されている複合キーワードが自動的に表示される機能がありますが、この複合キーワードのことをサジェストキーワードと呼びますが、このサジェストキーワードを一括でExcelにダウンロードできるツールがありました。

Googleサジェストキーワード一括ダウンロードツール

になります。

こちらのツールは需要なありそうなキーワードをたくさん集めることが可能ですが、検索数は全く不明ですから、aramakijake.jpとの合わせ技が必要です。

キーワードプランナーやGoodkeywordには出てこなかったキーワードが見つかる場合がありますので、こちらも盛り込むと良いでしょう。

スポンサーリンク

複数のツールでキーワードを集める

グーグルキーワードプランナーの仕様が変わってしまった以上、1つのツールだけで検索数を把握することが出来ませんから、

の、4つを使って、キーワードを集めたり、選定しています。

お金を掛ければもっと便利な方法があるはずなのですが、私は無料で使えるものだけにしております。

他にもっと使いやすいツールがあるかもしれませんので、ご自分で探してみてくださいね。

大量のキーワードを集めつつ検索数が1発でわかるような、無料で使えるよいツールがあったら逆に教えてください(。-人-。)

私のキーワードの選定の仕方

書きたいことが見つかったら、とりあえず検索数予想ツールでキーワードを探しながら検索数を確認します。

ほとんど誰も検索しないキーワードだったら、その記事は書きません。

でも、趣味の記事とか、どうしても書きたい衝動を抑えられない時は書く時もありますけどね。誰も検索しないってわかっているのに書いているんですから、ただの自己満足です(笑)

だからこのブログは、こんな、とっ散らかったブログになっちゃったんですよね…

収益化を狙うなら、最初からちゃんと計画を立てて、キーワードを狙って書きましょう(自分で書いていて耳が痛いわ

1.書きたいテーマが見つかったら、検索数予想ツールを使って条件に合うキーワードを探す
  • 1語で80,000回
  • 1語を含む2語で6000回

の条件をクリアしているキーワードを探す。

2.キーワードプランナーで検索する

1語のキーワードを、キーワードプランナーで調べ、Excelにダウンロードする。

検索数の少ないものは削除する。

3.GoodkeywordGoogleサジェストキーワード一括ダウンロードツールでも検索する

キーワードプランナーでは出なかった複合キーワードが見つかることがあるので、Goodkeywordでも検索し、Excelに追加する。

4.検索数をExcelに書きこむ

そのキーワード1つ1つを検索数予想ツールを使って検索し、地味にExcelに検索数を入力しています。

5.最初に1位を狙うキーワードを探す

4で出した検索数の中から、

  • 1語を含む2語で5000回

の条件に合うものを探して、最初に1位を狙うキーワードとします。

6.強いライバルがいないか確認する

このキーワードで実際にGoogleで検索をしてみて、大手のサイトが上位にでてくるようなことがないかを調べます。

1ページ目、2ページ目を大手企業サイトが占めていたり、広告がジャンジャン表示されるなら、このキーワードは避けて、別の切り口から攻めた方がいいです。

 

ざっくりと書きましたが、スムーズにこの順番通りにはいかないものです…

1~3は、同時進行で使うことがザラです。

同じ記事でも、違うキーワードで探してくる可能性もあるので、いろんな視点から、何度も何度も根気よく調べて、できるだけたくさんのキーワードを集めて、その中からベストなキーワードを探してみましょう。

結構地道な作業ですが、簡単にいいキーワードが見つかる訳がありません。だって、世の中の企業がお金になりそうなニッチなキーワードを探すのに必死なのですから!

ですが、Googleで検索されているキーワードのうち、20%は過去90日間にはなかった検索キーワードなのだそうです。

何かの研修で聞きました。

同じ意味なのに、いつの間にか呼び名が変わっているものがあったりしますものね。

例えばデザートをスイーツっていうようになったり、ホットケーキをパンケーキって呼ぶようになったり、コンパを合コンって言ったり。

婚活とか妊活とか終活とか、〇〇女子とか〇〇男子とか、数年前にはなかった言葉が普通に使われています。

最近びっくりしたのが、「ミニマリスト」とか「ミニマム」という言葉のキーワード数がものすごいという事です!

数年前にはなかった流行りの言葉ですが、ミニマリスト1語だけで180,900数も検索されているんですよ~いかに感心が深いかという事ですね。世の中みんな、シンプルに生きたいのかな。

上手に新しいワードを絡めて、まだあまり知られていないニッチなキーワードを地道に発掘しましょう。

私の紹介したもの以外にもいいツールは世の中にたくさんあるはずなので、いろいろなツールを活用して、キーワードを選定してくださいね。

キーワード選定の注意

重要なので何度も言いますが、検索されないジャンルの記事を書いても誰も読みません!

Googleアドセンスアフィリエイトは、記事を読みにきてくれたユーザーが、ついでに広告をクリックしてくださることで収益が発生するので、ブログに誰も来てくれなければ、当然ながら収益も発生しません。

しかし、本当は人気があるのに、狙うキーワードを誤ってしまったことにより、アクセスが集まらないこともあります。

違う角度からキーワードを探す

例えば、住宅の工事関係の仕事をしている人が、「業者を呼ばなくても自分でできる住宅設備の修理方法」を題材に選び、「建具の戸車を直す方法」について検索数を調べるとします。

検索数予想ツールを使って、まず、『リフォーム』という1語キーワードで検索したところ、66,600回でした。

1語のキーワードにしては少なめです。

では『リノベーション』というキーワードで検索したところ、さらに減ってしまい36,450回でした。

『建具』だけで 6000~7000/月

『戸車』だけなら 4000/月間 前後

『建具 戸車』ですと、「データが見つかりません」の検索結果も表示されない状態でした。

『リフォーム』や『建具 戸車』のキーワードを狙って記事を作っても、多くの収益をあげるのは難しいと普通なら考えてしまいます。

しかし、建築関係者ならともかく、『戸車』という名称が、果たして一般ユーザーから出るのか疑問です。「車」よりも「レール」と検索する方が多いかもしれません。やみくもに専門用語を並べておけばいいというものではなく、世の中の人がどんなキーワードを使うのかを想像することも大事なようです。

そこでちょっと視点を変えて、『DIY』というキーワードを使ってみると、1,098,000回も検索されていることがわかりました。

『DIY 扉』の複合ワードにすると、検索数はぐんと減ってしまいましたが、Goodkeywordで検索してみると人気は年々上がっていますし、「建具の戸車の修繕」は流行もないし、この先10年、20年先も有効な、息の長~いキーワードであることは間違いありませんから、うまくキーワードを選んでページを作れば、長い間、収益を生み出してくれるブログになってくれる可能性はあります。

『建具 戸車』で検索が少ないからと言って、切り捨てるには惜しい題材です!

現在使っている建具が壊れた時の修繕方法を紹介するのではなく、自分で建具をDIYする人向けに戸車のことを書いてあげることで、もっと多くの人に見てもらえる記事になるかもしれません。

なので、しっかりとキーワードを選定してあげれば、収益につながる可能性はぐんと高くなりますから、いろいろな角度から検索してみてください。

ユーザーの検索意図と合致した記事が書けそうか考える

メインキーワードや1位を狙うキーワードが、無事に決まった後は、

「このキーワードで検索する人達は、何を望んでいるのかな?」

「何を解決しようと検索しているのかな?」

と、ユーザーの気持ちになって考えることが必要なのだそうです。

そうしないと、ユーザーの検索意図とは外れた内容の記事になってしまい、すぐに×ボタンか戻るボタンで去って行かれてしまいます。

自分の書きたい記事を書いて、人気のキーワードをちりばめて、検索エンジンに好かれたとしても、生身のユーザーから受け入れられなければ、滞在時間が伸びず、結果的に順位は下がってしまいます。

選んだキーワードをじっくり見つめて、どんな層のユーザーが、どんなことを知りたくてそのキーワードで検索してくるか、また、そのユーザーが満足してくれるには、どう書いたらいいのか。

そう考えていけば、おおまかな設計図は見えてくるでしょう。

ざっくりとペルソナを設定する感じです。

また、長々と書いてしまいましたが、今回は以上となります。

次回はトレンドアフィリエイトの落とし穴について書きたいと思います。

この記事のまとめ

  • 月20万円稼ぐブログの1語の月間検索数:150,000回くらい(経験値)
  • 月10万円稼ぐブログを作るには、1語の月間検索数80,000回くらい(予想)
  • 最初に1位を狙うキーワードは、2語で月間5,000回以上検索されるものを選ぶ
  • 検索数を判断するためには、複数のツールを使う
  • キーワード選定を過ってしまうと需要のある題材を見逃すことがある
  • キーワードを選定した後は、そのキーワードで検索してくるユーザーの意図を考える

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

backボタンTOPbotan次へボタン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加