台湾桃園空港付近のホテル~九份までのタクシーで移動して料金で揉めた話

台湾の桃園国際空港付近のホテルに宿泊した私たち家族は、そこから九フンに向かったのですが、天候は大雨の予報…

バスとMRTを乗り継いで行く方法が安く上がるのは分かっていましたが、子連れということと大きめスーツケースを持っていたので、タクシーを使うことに。

海外でのタクシーの遠距離移動で、料金をぼったくられることはよくある話とは聞いていましたが、本当にメーターを途中で切られて、相場よりも高めの金額を請求され、ちょっと文句を言ってみましたが、言葉が通じず断念。

これから台湾に行く人の参考になればと思い、記事にしました。

スポンサーリンク

桃園空港付近~九份まではバス→MRT→バスが安価

夜遅めに台湾桃園国際空港に到着した私たち家族は、空港からタクシーで5分の距離にある、「シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)」に宿泊した話は前回書きました。

こちらのホテルは日本語がペラペラのスタッフさんがいらっしゃるのですが、フロントさんの話では、九份までタクシーを使うと、日本円で8,000円くらいかかるから、桃園空港までタクシーで戻って、そこからバスと電車を使った方が安く行けます、と勧められました。

しかし、3回も乗り換えが必要になります… 迷いそう…

翌日の天気予報は大雨で、小学生の子供ふたりを連れて、大きめのスーツケースを持って移動しなければならないため、雨の中、知らない土地で何度も公共交通機関を乗り換えるのが億劫に感じ、少々割高でもタクシーを選択しました。

実際に友人が、台北駅から九份まで電車で移動した時に、切符売り場の看板の文字がチンプンカンプンで、適当に買った切符を使って列車に乗り、座席に座っていたら、別の乗客から「勝手に座らないで!どいて!」という感じで現地語で怒鳴られて席をどかされたらしく、自分の買った切符が指定席なのか自由席なのかも全く分からずに、戸惑ったそうです。その友人は英語が話せる人なのですが、その人でさえもそんな目にあっていると聞いて、タクシーで移動して正解だったかも、と感じました。電車とバスで移動するなら、事前にかなり細かく調べておいた方がいいかもしれません。

移動時間はタクシーが短い

ちなみは移動にかかる時間は、タクシーが断然早く着けますから、時間は節約できます。

  • タクシー:1時間程度
  • バス→MRT→バス:2時間半~3時間

台湾桃園国際空港近くのホテルから九份へ出発

チェックイン時、九份行きのタクシーの予約をしていましたので、翌朝10時にロビーで待っていると、時間通りにタクシーがやってきました。

ホテルのドアマンに行き先の地図を見せたら、タクシードライバーに行き先を告げてくれました。

タクシーメーターを途中で切られる

出発して10分ほど経過し、高速道路をしばらく走った辺りで、タクシーのドライバーは、運賃のメーターを切りました

あ~~、これは絶対、ぼったくろうとしている!!!!

一体いくら請求されるんだろう…目的地に着くまでドキドキです。

到着すると、ドライバーは、スマホの画面に「1800」と打って、見せてくれました。

出発前に調べた情報では、桃園空港から九份までは約1500元(6000円弱)が相場と聞いていたのですが、提示された請求額は1800元(7,000円くらい)だったのです。

相場よりも高い!と感じましたが、中国語も英語も話せない私達ですから、価格を交渉する能力もありません。

ちょっと渋った顔をして、自分のスマホに「1500」と入れて見せてみましたが、「ノー、ノー」と引き下がってくれません。仕方なく請求された通りに、1800元を支払いました。

ホテルを出発する時に、ドアマンにお願いして、料金も確認するべきでしたね。そうすれば、こんな嫌な思いをすることもなかったかも。

台湾で1000円もあれば、美味しいものをお腹いっぱい食べれるのに…

とちょっぴりガッカリしたけれど、宿に送迎を頼んだ場合は2000元でしたから、それよりは安かったので、まあ、ヨシとすることにしました。

どうして勝手にメーターを切るのでしょうか…意味が分かりません。

不正をする、しないは別にしても、メーターを切るという行為は、お客を不安にさせますから、やめてほしいですよね…

台湾では、長距離移動の場合、タクシーメーターを切ることは、よくあるらしいので、このブログを読まれた人は、くれぐれも気を付けてくださいね。

以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加