台湾桃園国際空港付近のホテル シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅)に泊まった感想レビュー

2016年10月の秋休みに、家族4人で台湾に旅行に行ったのですが、台湾桃園国際空港に深夜到着の便だったため、空港から5分くらいの距離にあるホテル、「シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)」のファミリールームに宿泊しました。

そのレビューを書きたいと思います。

スポンサーリンク

シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)」のレビュー

2016年10月に、私が家族4人で実際に宿泊した時の感想です。

情報が変わっている場合もありますので、ご了承下さい。

メールの返事なし、電話では日本語が通じない

台湾への到着は22時台のため、ホテルのチェックインは、23時を過ぎてしまいます。

「予約したホテルに、チェックインが23時過ぎるという旨を伝えないと…」

と思った私は、出発の1週間くらい前に予約済みの『シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)』にメールを入れました。

このホテルは”日本語OK”と書いてあったので、最初は日本語で。

しかし、待てど暮らせど返事はなく、次は翻訳サイトで翻訳した英語でメールしました。

しかし、これも返事がありません。

3,4泊目に予約してあった『ホテルサンルート台北』は、日本語でメールをしても、毎回、ちゃんと返信をくれたのに…

仕方ないので、国際電話をしましたら、

「Can you speak Japanese?」「No! English only.」

あ、英語だけなのね…

それではと、片言の英語で再チャレンジ!

名前とDeNAトラベル予約ナンバーを伝えたところ、少し間が空いて、名前を復唱されたので、ホッ!

「check-in time is slow. 11PM」「OK!」

何とか通じたようで、一安心。

出発前からドッと疲れました英語が話せないって悲しい…

『シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)』は、メールが通じないし、電話では日本語が通じません。

英語のみです。ご注意ください。

シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)までのタクシー代

台湾桃園国際空港の第2ターミナルに到着した私たちは、両替(窓口手数料30元)と空港地下2Fにあるセブンイレブンで、飲み物やお菓子の調達を済ませ、タクシーに乗って、Hotelへと向かいました。

『シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)』までは、タクシーで5分以内で155元

超近かったです。あ、もう着いた!って感じ。

実のところ、近すぎて、タクシーの運転手さんが「スカを引いちゃった」ってな感じで、不機嫌でしたね。

ホテル名を中国語で書いた紙を、空港のタクシー乗り場にいた配車係に見せて、行き先を告げたのですが、その配車係とドライバーとのやり取りを見ていたら、現地語がわからなくても、何となく雰囲気って伝わるもんですから

早く次の客を乗せたかったのか、すごいスピードで運転も荒いのなんのって…

それに、料金155元のところ、小銭で160元を出したのですが、「チップでどうぞ」とも言っていないのにお釣りを返してくれませんでしたから。

5元程度(20円くらい)のお釣りは、もらわないのが普通なのでしょうか???

日本なら1円でもしっかり返すのになぁ~と、旅の初日からちょっぴり不満…

タクシーの車内の足元もゴミだらけで、驚きました。

フロントには日本語ペラペラのスタッフさんが!!

img_0709

ホテルに到着し、フロントに向かうと、いきなり英語で話しかけられたので、片言の英語で答えます。

予約が確認できたところまでは良かったのですが、その後の英語での質問が全く理解できず、泣きそうになりました

主人に「今、何て言ったの?」と日本語で尋ねたら、私たちの会話を聞いて「日本の方ですか?」と日本語ペラペラのスタッフが横から出てきてくださって、あとは日本語だけでスムーズに会話が終わりました。

「明朝は何時にどこに行くのか?タクシーの手配は必要か?」と聞いてくれていたようです。

「こんばんは。〇〇です。」と最初から日本語で言えばよかった…

で、翌朝、九份に行くためのタクシーを予約してもらい、部屋に入りました。

『シティ スイーツ ゲートウェイ (城市商旅-航空館)』には、フロントに日本語が通じるstaffさんがいらっしゃるので安心です。

ちなみに、料金は前払いでした。

ファミリールームのお部屋は広い!

お部屋番号は714。↓はお部屋からの朝の景色。

空港から近いホテルのはずですが、このお部屋から飛行機は一度も見れませんでした。

img_0701

Family Room 1泊朝食付き 4名利用で、5,185元でした。

bed

ベッドは、クイーンサイズのダブルベッドが2台。

小5の子供と添い寝でも、広々と寝れました。

img_0703

お部屋はL字型になっており、ベッドルームとソファースペースに分かれています。

テレビの映りが悪かったけど、日本の「仮面ライダー鎧武」が放送されていました。

img_0699

冷蔵庫も完備で、コンビニで調達した飲み物も冷やせましたし、人数分のミネラルウォーターが付いていました。

ミネラルウォーターは、台湾のどのHotelに泊まっても、必ず用意されていました。

また、各階のエレベーターホールには、ウォーターサーバーが用意されていました。

img_0704

猫足バスタブがある

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-22-16-32-57

女性はちょっとテンション上がるかも

きれいなトイレとバスでした。

無料Wi-Fiがあるが接続が不安定

wifi

お部屋に、WiFiのパスワードが日本で書かれた紙が置いてあり、この手順どおりに行えば、ネットは接続できるのですが、電波が弱いのか少し不安定で、動画などはぐるぐる状態が続きました。

私はポケットWi-Fiを契約していたので、そちらの方がネットは快適でした。

朝食はバイキングビュッフェ

img_0706

朝食はバイキングビュッフェスタイルで、レストランはゴージャスでスッキリと垢ぬけた印象でした。

しかし、通路ばっかり広くて、肝心の料理が置いてあるスペースが少なく、器はゴージャスなんだけど、肝心の品数が少ない印象を受けました。

img_0705

好みの問題もあるでしょうが、私はあまりときめかないバイキングでした…

普通のアメリカンブレックファーストにプラスして、おかゆや、せいろで蒸した中華まん、魯肉飯など、台湾ならではの料理があり、白いご飯と味噌汁もありました。

過剰に期待せず、普通だと思っておいた方がよいと思います。

ここに限らず、台湾の食事は、全般的に味が薄いと感じることがありました。

私は友人の勧めでMy味塩を持参して行きました。

まとめ

チェックインが23時だったため、ホテルでの滞在時間は短く、あまりじっくりチェックする時間もなかったのですが、ベルボーイはいなかったように思います。

ただ、深夜到着なので、たまたまいなかっただけなのかもしれません。

朝はドアボーイがいて、タクシーのトランクに荷物を入れるところまで手伝ってもらい、行き先である九份の宿の近くのお寺を地図で指したら、行き先をタクシードライバーに説明してくれて、あとは問題なく、そのお寺まで辿り着きました。

※遠距離の時は、ここで料金についても確認しておいた方が良いでしょう。若干ぼられました。

ホテルのグレードとしては、結婚式も出来そうな感じなので、ビジネスホテルよりは上ですが、レストランがたくさん入っていたり、アスレチックジムがあるような高級シティホテルではないので、中級ランクの普通のホテルと言う感じだと思います。

このホテルの良かったところ

  • 桃園国際空港からタクシーで5分以内
  • 日本語が通じるスタッフがいる
  • ミネラルウォーター&ウォーターサーバーがあるので、飲み水に困らない
  • 猫足のバスタブがある
  • 無料Wi-Fiがある

このホテルの残念なところ

  • メールの返事がない
  • 電話では日本語が通じない
  • テレビの映りが悪い
  • 朝のバイキングがちょっと残念
  • 無料Wi-Fiが不安定

ホテルの詳細と地図

 シティ スイーツ ゲートウェイ(城市商旅ー桃園航空館)

桃園縣大園鄉中正東路 442號

Tel : +886-3-385-3017

Fax : +886-3-385-3031

Email : marketinggateway@citysuites.com.tw

次回は九份までタクシーで移動した際に、料金をぼられた話。

参考

2日目に泊まった九份の民宿「九彬小町」のレビューはこちら

3日目に泊まった台北の「ホテルサンルート台北」のレビューはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加