九份にある芋圓の有名店「阿柑姨芋圓」と「賴阿婆芋圓」を比較レビュー

台湾スイーツの画像

前回は、九分に宿泊した「九份小町民宿」について記事にしましたが、今回は、九ふんにある台湾スイーツの有名店、「阿柑姨芋圓」と「賴阿婆芋圓」の芋圓を同じ日に食べ比べたので、比較レビューを書きたいと思います。

参考 台湾子連れ個人旅行の記事は↓にまとめてあります。

2016年秋に、40代夫婦が、小学生の男の子2人を連れて、台湾の九份と台北で家族旅行をした時の感想やレビュー記…

スポンサーリンク

芋圓とは?

台湾には本当に安くておいしいグルメが多いですが、スイーツも例外ではありません!

私が特に気に入っているのは、「芋圓」です。

「芋圓」とは、サトイモ(タロイモ)をベースに作る、台湾の伝統的な団子を使ったデザートで、タロイモの他に、数種類のいも団子や小豆がどっさり入ったお汁粉(ぜんざい)のような食べ物です。

「芋圓」は台湾全土で食べられているものなのですが、九份には『芋圓』の有名店があります。

芋団子は手作りで、職人さんが店頭でこねています。

「芋圓」は温・冷を選ぶことが出来ます。

店員さんが「温かいの?冷たいの?」と聞いてくるので、「温かいの」を選ぶと、鍋からよそったままの温かいお汁粉を。

「冷たいの」を頼むと、「温かいの」の上に、氷を入れてくれます。

芋団子が大量に入った温かいお汁粉に、氷を入れて食べるという、ちょっと不思議なデザートなのです。

氷はフラッペよりも少し粗目の、マクドナルドのドリンクに入っているくらいのサイズの氷で、ガリガリと歯で砕いて食べる感じですね。

温かい汁が完全に冷たくなるほどの量の氷は入っておらず、徐々に氷が解けて生ぬるい汁になりますので、氷が完全に解ける前に、氷と一緒に小豆や芋圓などの「具」を食べきる感じですね。

ガリガリ、もちもち、の食感。

最後のお汁は生ぬるいし、氷で味が薄まるので、具を食べ終わった後は、ほとんどの人が汁を捨てていました。

・・・何だか文章にするとまずそうですが、実際に食べてみると、作りたての『芋圓』がモチモチしていて、病みつきになります!

九份には、いくつか「芋圓」のお店がありましたが、その中でもと「賴阿婆芋圓」と「阿柑姨芋圓」という有名店はお客様がいっぱいで、時間帯によってはどちらも行列ができます。

その両方を食べてみたので、口コミレビューを書きたいと思います。

「賴阿婆芋圓」はメインストリートぞいにある

taroimosiruko

まず1件目は「賴阿婆 芋圓」。

”ライアーボー ユーイエン”と言う名前だそうです。

このお店は”老街”または”基山街”と呼ばれるメインストリートぞいにあり、九份老街バス停付近のセブンイレブンのある老街の入り口からだと、5分ほど歩きます。

5分と言っても、混んでると人・人・人の波ですから、なかなか思うようには進めません!

時間に余裕を持った方がいいでしょう。

セブンイレブンの方から通りを歩いていくと、左手になります。

最も混み合っている、豎崎路(階段道)との交差点よりも少し手前です。

『豎崎路』は、映画”千と千尋の神隠し”の湯ばあばの湯屋のモデルになった『阿妹茶楼(アメチャロウ・アメオチャ)』がある通りです。

「賴阿婆芋圓」のメニュー

何種類かメニューがあるようでしたが、日本語メニューには3種類だけ書かれていました。

・芋圓(田いも団子ぜんざい)→タロイモのことだと思います

・蕃薯圓(サツマイモ団子ぜんざい)

・緑茶圓(緑茶ぜんざい)

価格は全て45元(180円弱)

私はオーソドックスな芋圓の冷たい方をチョイス。

笑顔で「おいしいよ~」と日本語で話しかけてくる気さくな店員のおじさんに、指を1本立てて「冷たいの」と言えば通じました。

直径15センチほどのかなり大きめのカップに入っていますので、食べながら歩くことはできません。

お店の隣がテーブル席になっているので、そちらで座って食べて、ゴミも捨てて帰れます。

私が訪れたのは10月で、天気は曇りでしたが、冷たいのを選択して正解でした。

私は1杯を息子と二人でシェアして食べましたが、物足りない感じでしたので、お餅やお団子が好きな人なら、1人でペロリと行けちゃうはずです!

これが180円以下で食べられるなんて、台湾ってなんて素晴らしい国!!!

これが近所で食べられたら、毎日でも行きますね。きっと。

「賴阿婆芋圓」の情報

賴阿婆芋圓

新北市瑞芳区基山街143号

TEL:

営業時間:8:00~20:00

定休日:無休

価格:45元 ※10元値上がりしたみたいです

「阿柑姨芋圓」は階段道を登った上の方にある

阿柑姨芋圓アーガンイー ユーイエンの芋圓の画像

2件目は「阿柑姨 芋圓」。

アーガンイー ユーイエン”と言う名前だそうです。

この「阿柑姨芋圓」は、メインストリートの老街から、豎崎路階段道)を左折して、山の方に上へ上へと上った道沿いの右手にあります。

老街と”豎崎路”の交差点には、ストリート看板がありますので、それを目印に、豎崎路を左折して階段を上り、黄色い看板が目印です。

老街入り口にあるセブンイレブンから9分。

上で書いた賴阿婆芋圓からは3分くらいですが、混み混みの細い道で、最後は階段道になりますから、時間は余裕を持ってください。

2016年春にお店を改装されたようで、どちらかと言えば、賴阿婆芋圓よりもこぎれいな感じです。

具材の団子類はショーケースのようなところに入っていたので、虫が入ったりは少ないかも。

衛生面ではこちらの方が上です。

店の奥に入れば一緒ですが

「阿柑姨芋圓」のメニュー

日本語メニューはなかったように思います。

■冷たいの

・総合豆(紅豆+緑豆+大豆)→ミックスです

・芋圓+紅豆(あずきのことかな?)

・芋圓+緑豆

・芋圓+大豆

■温かいの

・総合豆(紅豆+緑豆+大豆)→ミックスです

・芋圓+紅豆

価格は全て45元(180円弱)

先ほど食べた賴阿婆芋圓と比較するために、総合豆の冷たい方をチョイス。

カップを受け取ったら、そのままお店の奥にどんどん進んでいくと、広いテーブル席があります。

こちらのお店は高台にあるので、日中、窓辺の席に座ると眺めがいいようですが、私たちは夜の雨の中、散々階段を上ってヘトヘトでしたから、眺めなんてどうでもよくなっていましたし、恐らく雨で何も見えなかったと思います。

さて、お味は?というと、味が薄い!!!

氷が解けていくので薄いのは当たり前なのですが、先ほど食べた「賴阿婆芋圓」のものよりも、遥かに味が薄かったです。

それに汁ばっかりで、肝心の団子が少ない…

先ほども書きましたが、汁は氷で生ぬるく薄まっているので、お汁粉と言えども、これは汁だけを楽しむ食べ物ではありません!

団子が山盛りの画像をアップしている人もいるので、店員さんによって盛る量や氷の加減で都度、味や量は変わるのかもしれませんが、私は賴阿婆芋圓の方が、良心的だったし、味も美味しかったと思います。

もし時間がないなら、わざわざ階段を上って訪れることはないかと。

本当は、九份を離れる前に、賴阿婆芋圓の方をもう一度食べたかったのですが、宿泊した宿から階段を老街まで上り下りする気になれず断念しました。

もし、「阿柑姨芋圓」と「賴阿婆芋圓」の場所が反対だったら、最後の根性を振り絞って、食べに行っていたかもしれませんが…

「阿柑姨芋圓」の情報

阿柑姨芋圓

新北市瑞芳區福住里豎崎路五號
TEL: +886 2 2497 6505
営業時間:9:00~21:00(土日は22:00まで)
定休日:不明
価格:45元

「阿柑姨芋圓」VS「賴阿婆芋圓」

私の個人的な感想では、「賴阿婆芋圓」の勝ちです

もう一度九份に行くことがあるなら、ぜひ食べに行きたいお店です♪

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加