WordPress ブログが月間100万PVに成長しても移転不要の安くて高性能なおすすめレンタルサーバー

レンタルサーバーのイメージ画像

WordPressのブログで、グーグルアドセンスアフィリエイトをやるぞ!と決めても、すぐにサーバーを借りてはいけません。

まずは書くジャンルを決めて、それが需要のあるジャンルかどうかを確かめ、ツリー状マップの設計図を書くことができた時点で、レンタルサーバーを契約しましょう。

それくらい考えてからの方が、ご自分にとってどんなサーバーを選ぶのがベストかが見えてくるはずだからです。

私のブログが100万PVまで成長したタイミングに、アクセスが集中して503エラーを経験し、その対策をしている過程で良いサーバーに出会えたので、ご紹介したいと思います。

この記事は

ブログの読者の性別や年齢などのターゲットを明確にしてからツリー状マップで設計図を作る

の続きです。

このアフィリエイト実践記を最初から読みたい人は


世の中の「保育園落ちた」母親や主婦に届けたい!ブログ1つでも毎月20万円の収入が得られることを
ブログのアフィリエイトの収入が、月に20万円を達成した時、つい嬉しくなって友人に自慢しちゃったんです…本当に口が軽いんですよね、私 ...

スポンサーリンク

100万PVまで成長しても移転不要のサーバーを見つけた!

WordPressでブログを始めた時、私は、エックスサーバー株式会社で契約したのですが、看板商品である一番安いエックスサーバー「X10」というプランでは100万PV以上のブログを運営することは難しいと感じています

決して、エックスサーバー「X10」がポンコツという訳ではありませんから、誤解しないでください。

エックスサーバー「X10」はそこそこ高性能なサーバーで、web初心者が最初に契約するには妥当なサーバーだと思っています。

それに、サポートがしっかりしているので、今後も私はエックスサーバー株式会社から離れる気はありません!!!

ただ、現在契約中の「X10」で運営するのは厳しくなってきたのかもしれない、ということです。

過去に2度もアクセス集中による制限を掛けられていますので…

では、「X20」や「X30」にアップグレードすれば解決するのか?と相談しましたが、

今回の「アクセス集中に伴う負荷」につきましてはプランの変更で解決できるものではございません。

と言う返事が返ってきました…

初級者ですから、これからどうしたらいのかホトホト困りました…

ブログがバズった時に耐えられない!503エラー対策

サーバーに制限を掛けられるような「アクセス集中に伴う負荷」というのは、そう頻繁に起こるものではありません。

しかし、すごいフォロワー数を持つ、どこかの名のあるお方の目に留まり、SNSで記事を紹介されたりすると、それが拡散され、たくさんのユーザーが紹介されたリンクを一斉にクリックしてきます。

また、自分のブログに関連する情報がメディアで取り上げられると、ユーザーは一斉に同じキーワードで検索してきますから、もしそのキーワードで上位表示していると、ドッとアクセスが来ることになり、規模が合っていないサーバーだと、それに耐えられないのです。

要するに、普段は全く問題ないのですが、サイトがバズったりして、一時的にアクセスが集中すると、サーバーに負荷が掛かってしまい『ページが表示できません』の503エラーが発生するのです

これは、せっかくたくさんのお客様が訪れてくれているのに、他のテナントに迷惑がかかるからと、大家さんが勝手にテナントビルのシャッターを閉じて入場制限してしまうのと同じです。

お店の前にはお客様がたくさんいるのに、シャッターが閉まった状態では大事な商機を逃してしまうことになるので、ある程度アクセス数が増えたら、もっと大きなテナントや、一戸建てのサーバーに移らなくてはなりません。

しかし、どのタイミングで引っ越すべきなのかが初心者にはわかりませんし、簡単に引っ越すと言っても、サーバーの移転は、初心者にはかなりハードルが高い作業です…

かといって、最初から高スペックなサーバーを契約することは、ほとんど売り上げもないのにありえません!

そこで私のオススメは、移転作業なしにグレードアップできるサーバーと契約することです!

私のイチオシのサーバーはwpXクラウド

私がおススメするのは、エックスサーバーの、wpXクラウド になります。

間違えないでください、wpXには2種類あって『クラウド』が付く方になります。



最大2,500万PVまで、移転作業なしで使える

wpXクラウド は、ワードプレス専用のサーバーで、A~Xまでの7段階のグレードがあるのですが、グレードAは月間30万PVまで耐えられることを目安に設計されています。

価格もお手頃で、税込み540円から始められます。

初期費用も不要

契約も1ヶ月単位なので、結果が出なかったり、向いてないと気が付いたらすぐにやめることが出来ます。

もし、順調にアクセス伸びて、月間PV数が30万PVを越えたら、グレードをBに変更すれば、月間50万PVまではOKになります。

料金も税込み1,080円。

グレードAからグレードBに変更しても、サーバー内のデータを移行する必要はありません!

グレードXの最大2,500万PVまで、移転作業なしで使うことが出来るのです。

これは、初心者にはありがたいサーバーです!

このwpXクラウドの存在を知った時、どうしてもっと早く出会えなかったのかと悔やみました…

だって、負荷対策に本当に本当に苦労しましたから。私…

アクセスが集中してサーバーに負荷が掛かり、障害が出たことで制限を掛けられた話

祝!月間100万PV達成☆と思ったらまたアクセスが集中して503エラー、403エラーに陥る

月間PV数の目安がはっきりしているので対策しやすい

wpXクラウドは、月間PV数の目安がしっかりと明記されているので、グレードの見直しのタイミングが分かりやすく、アクセスが集中して、あたふたする前に、対策できるのです!

私のメインブログである「占いブログ」は、月間120万PVですので、近いうちにグレードCを契約し、メインブログだけを独立させようと思っています。

とはいっても、自分ではできそうもないので、またココナラでお願いする予定ですが(笑)

将来的に10万円稼ぐブログを作ろうとお考えなら、確実に50万PVは超えますので、初めから、柔軟にグレードアップできるサーバーと契約することは絶対にオススメです。

独自SSLが無料で使える!

これはwpXに限らず、エックスサーバーで扱っているほとんどのサーバーが対象ですが、独自SSLが無料で使えることです。

SSLとは通信が暗号化されたサイトのことで、URLが https:// から始まるのが特徴です。

以前はネットバンキングや、ネットショップの決済ページだけがSSL化されていましたが、今では全ページ常時SSL化が主流になりつつあります。

その理由は、SSL対応でないサイトは、有害サイトである可能性があると認識されるようになるからです

大手のサイトは徐々にすべてのページをSSL化していくはずです。

個人のサイトも同じで、常時SSL化の波に乗り遅れると、検索順位に影響してくる可能性が大です。

その点、wpXクラウドは安心です。

他のサーバーはSSLが別途有料の場合もあるので、今後のことを考えると、SSLが無料で使えるかどうかは大きなポイントになってくるかと思います。

wpXクラウド の残念な点

ただ、残念な点としては、「X10」などのエックスサーバー(Xserver)に比べて、制限があることです。

  • ワードプレス以外はダメ。
  • 1契約につき1つのドメイン(ブログ)しか運営できない。
  • メールアカウントが作れない。

などです。

独自ドメインと同じメールアドレスが作れると嬉しいですが、メアドはGmailなどのフリーメールで作ればいいので、メールアカウントが作れなくても我慢はできます。

※例えば、独自ドメインがuranaimania.comだったら、info@uranaimania.comや、mail@uranaimania.comというアドレスが作れます

メールアカウントが使えるサーバーと複数同時に借りるなら、そちらのサーバーにもデータを入れておくことでメールアカウントは使えます。私の場合、XserverとwpXを両方借りているので、Xserverを使ってwpXのドメインのメールアカウントが使えています。

しかし、もう1つ、ブログを増やしたくなった時に、『wpXクラウド』をもう一つ契約するか、別のレンタルサーバーを契約しなければなりません。

アクセスが30万PV以内の、月3万円ほどの収益を上げるブログを、細かくたくさん運営するつもりなら、『wpXクラウド』は向きませんから、複数のワードプレスが運営できるwpXレンタルサーバーが。

ワードプレス以外で作ったサイトも複数運営したいならエックスサーバー(Xserver)がベストだと思います。

しかし、その中から、アクセスが集中するようなブログが生まれたら、そのブログだけを独立させるか、大きなサーバーに全部を移転させる必要が出てきます。

とりあえず多機能でメジャーなエックスサーバー(Xserver)を契約して、ブログが育ったら移転を考えるか

それとも、

機能は少ないけれどブログが育った時にも移転不要のwpXクラウドを契約するか

という選択になってくると思います。

エックスサーバー株式会社で扱っているその他の商品

ちなみにエックスサーバー株式会社には、

・ワードプレス以外のサイトも複数運営できる、一番メジャーな『Xserver(エックスサーバー)

・そのワンランク上のビジネス仕様の『シックスコア

・ワードプレス専用だけど10個までブログが運営できる『wpXレンタルサーバー

そして、

・今回、私がお勧めした、ワードプレスが1個だけ運営できる『wpXクラウド』があります。

普通に考えれば、いろいろ機能があって、WPに限らず複数のサイトを運営できる、私も最初に契約した『エックスサーバー(Xserver)』が一見よさそうな気がするのですが、多機能な分、一番重要な『快適に動く』という部分も、そこそこのレベルと言う感じがします。

ご自分にとって本当に重要なものは何かをよく考えて選んでください。

エックスサーバーのその他の商品と、このwpXクラウドとの違いは、エックスサーバーの社長さんのブログが参考になりました。

もしわからないことがあれば、エックスサーバーは電話サポートもメールサポートもありますので、直接相談してみてくださいね。

※サポートの電話番号やメアドは商品によって異なるので、こちらには載せません。サイトの方で確認してください。

※2017年5月23日に3度目のアクセス集中を経験しましたが、wpXは耐えました!!

503エラー回避。アクセス制限は掛けられず!wpXクラウドにサーバーを変えて正解!

サーバーの契約時期について

エックスサーバー株式会社のサーバーは、月単位の契約になります。

例)7/15ご利用開始 → 7/15~8/31で1ヶ月分の料金

なので、月の上旬に契約することで、ほぼ2ヶ月間を1ヶ月分の料金で使うことが出来るのでお得ですよ~

なお、私はエックスサーバー以外とは契約していないので、他をオススメすることはできませんが、世の中にはたくさんのレンタルサーバー会社がありますので、いろいろ検討してみてくださいね。

次回は、ドメインについて書きます。

この記事のまとめ

  • ブログのアクセスが増えてくると、規模に合わないサーバーでは負荷に耐えられず503エラー起きる
  • アクセスが増えたら、大きなサーバーや独立したサーバーに引っ越しを余儀なくされるが、初心者にはハードルが高いため、最初から、移転作業なしに柔軟にグレードアップできるサーバーと契約するとよい
  • エックスサーバーの『wpXクラウド』は最大2,500万PVまで、移転作業なしで使うことが出来る
  • wpXクラウド』は1契約につき、1つのブログしか運営できず、ワードプレス以外はダメなので、いろんな複数のブログやサイトを同時に運営したい人には向かない
  • エックスサーバー株式会社のサーバーは、月の上旬に契約することで、ほぼ2ヶ月間を1ヶ月分の料金で使うことができるのでお得!

以上となります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

backボタンTOPbotan次へボタン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加