映画「ちはやふる~結び~」の感想レビューとスピンオフ作品「繋ぐ」について

ちはやふる 袴

2018年3月17日。

映画「ちはやふる -上の句- 」と「ちはやふる -下の句- 」の続編にあたる、映画「結び」が公開され、早速、劇場まで観に行ってきました。

原作とは異なる独自のストーリー展開でしたが、原作の”いいとこ取り”という感じで、なかなか感動的な仕上がりになっていました。

先週の「坂道のアポロン」に引き続き、またもや涙がじわーっと・・・

パフュームの主題歌無限未来と共に流れた、鮮やかなCGアニメーションのエンドロールでは、本当に胸がいっぱいになって、これで最後なんて寂しい気もしましたが、三部作でキッチリと完結させてくれて、まさに「卒業!!」という感じ!

もやっとした終わり方じゃなかったところが、私はとても良かったと思いました。

あれだけ明確に結末を描いてしまうと、続編を作るってことはもうない気もしますが、あのゴールに行き着くまでのストーリーを後から描いたり、スピンオフという形で描いてゴールまで繋げるっていう手法なら、できなくもないかな!?恋の行方も気になるし。

もし作られたら、ファンは絶対観に行くでしょうし、ここまで来たら、「踊る大捜査線」みたいになってくれたら嬉しいな~♪と思ったりもします。

平安時代から今に伝わる百人一首に、現代のエッセンスを交えながら、若い世代に受け継がれていくなら素晴らしいことだと思います。

「上の句」「下の句」の時にも書きましたが、映画ちやはふるは、漫画が原作の若い子向けの作品だと思ったら大きな間違いで、とても深い作品です。

ストーリーは原作を読んでいない人や、競技カルタを知らない人にもわかるようになっていますが、百人一首の歌の意味などを絡めるシーンは、ちょっとした謎かけのようで、気になって少し深くまで探ってみたくなることも多く、”1回観て終わり”ではないのです!

登場人物のキャラとか、話の流れは、原作と違う部分もありますが、原作ファンが観ても心をくすぐられるシーンもたくさんあるので、原作ファンのことも裏切らない映画だと思います。

原作を読んでいない人は、コミックの方はまだまだ連載が続いていますから、ぜひご覧になってください。

スポンサーリンク

「下の句」と「結び」の間に「繋ぐ」がある

三作目となった今回の「結び」は、高校1年生だった「下の句」の時から、2年ほど経過したお話ですが、「下の句」と「結び」の間に、「繋ぐ」というスピンオフが存在し、2018年2月20日から、Huluなどで配信されています。

映画「結び」に通じるエピソードが5話あって、1話につき10分ほどの短いお話ですが、これを観ると「結び」がより楽しめると思います。

これを観ずに劇場に行かれた方も、「ん?」っと思ったところ(我妻伊織ちゃんのこととか)がスッキリすると思いますよ。

スピンオフの簡単なあらすじ

1話目:今日は千早ちゃんの素敵な記念日

高校2年生の千早に、瑞沢かるた部のメンバーがサプライズ誕生会をするお話で、「結び」に出てきた、畳に挟まった「ほととぎす」の札のことも触れられています。

2話目:2度目の全国大会。それぞれの想い

高校二年生の夏。高校かるた選手権の全国大会で、3位に入賞した2度目の全国大会後の、近江神宮でのエピソードです。

3話目:千早ちゃん。クイーン挑戦への正念場

千早が原田先生に、屋台のラーメン屋をごちそうしてもらうシーンで、映画のオリジナルキャストである、準クイーンの我妻伊織ちゃんの経歴を、原田先生が千早に話しています。

これを観ると、「結び」からいきなり出てきた我妻伊織ちゃんのことが分かると思います。

4話目:日本一を目指す、西の挑戦者たち

新vs原田先生、千早vs我妻伊織ちゃんが対決する、名人・クイーン戦予選の前の、福井でのエピソード。

我妻伊織ちゃんは実は、福井南雲会のメンバーで、新に恋心を抱く我妻伊織ちゃんに対し、新が稽古をしながら、千早の話をします。

5話目:名人・クイーン決定戦 ≪序章≫

「結び」の冒頭で、名人・クイーン戦の様子が描かれていましたが、ここでは、近江勧学館で試合が始まる前の、各選手がそれそれの控室で過ごす様子が描かれています。

千早が袴を忘れたり、かなちゃんに着物を着せてもらうシーンがあって、まさか、千早が挑戦者に?!というエピソードです。

ざっくりとしたあらすじを書いてみましたが、スピンオフの内容が気になる方は、Huluは2週間無料で見られるようなので、登録してご覧になってみてください。↓


※「繋ぐ」は、レンタルDVDやBlu-rayでも借りられるようです。

以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考 過去の「ちはやふる」に関連する記事は↓にまとめました。

「ちはやふる」のこと
「ちはやふる」について書いた記事を、こちらにまとめました 映画「ちはやふる~結び~」の感想レビューとスピンオフ作品「繋ぐ」について...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加