「ガラスの仮面」のパチンコ台ができて、ちょっと気になる話

紫のバラ,むらさきの薔薇

新型コロナウイルの影響で3月3日から小中学校が休校になり、息子と一緒に家に閉じこもってから1ヶ月以上が過ぎました。やむを得ない…と我慢してきましたが、いつまでたっても新コロは収束せず、新学期の開始もGW明けまで延期されることに。

早く自由に出掛けたいです(/o\)

そんな時間に余裕がある中で、LINEで同級生と懐かしい思い出を振り返っていたら、「ガラスの仮面」の話になりました。

友人「ガラスの仮面って、完結した?」

私「まだ…49巻で止まってるよ」

友人「え~!!!うちらの若いころも、なかなか次が発売されないってぼやいてたよね?」

私「うん…」

「ガラスの仮面」は、確か小6の時に「すっごくおもしろいよ~」と友達が貸してくれて、そこから一気にはまって、お小遣いで1冊ずつコミックを集め始めました。

古いものは40年近く保有しているのでかなり変色してますが、今でも大事に持っています。

2012年に49巻が発売されてから7年ほど止まっているので、「そろそろ50巻、出ないかなぁ」と最新刊の情報をネットで検索していたら、50巻発売の情報は見つかりませんでしたが、2020年1月に「ガラスの仮面」のパチンコ台が出たという情報を見つけました!

チャンスの時は、月影先生の「オホホホ・・・・」「おそろしい子・・・」が出るらしい。めっちゃ気になる~~~!!!

いま、新たな幕が上がる…!Pぱちんこ ガラスの仮面

私はパチンコをしないのですが、ガラかめファンとしては一度くらい体験してみたい♪

でもパチンコ初心者のおばさんが、一人でパチンコ屋に入るのって勇気が必要ですし、頑張って入れたとしても、どうやってプレイするのかイマイチ勝手がわからない…

それにコロナの中、パチンコ屋は危険・・・しばらくはお預けです。

ガラスの仮面50巻の発売はいつ!?

「ガラスの仮面」の連載が始まったのは1976年ですから、今年で44年!?

そろそろ終わらせてほしいです…

マヤが亜弓に勝って「紅天女」を演じる権利を得て、真澄さまとも結ばれ、めでたしめでたし、だったらいいな。

作者の美内すずえ先生は、「スーパーオペラ 紅天女」の原作・脚本を担当されていましたが、その公演が終了したタイミングに、「明日から漫画家に戻ります!」とTwitterに書いておられたので、2020年は「ガラスの仮面」の続きが読めるのかも!?とワクワクしております。

美内すずえ先生、50巻の発売をよろしくお願いします(>人<)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加