ふるさと納税をしたら次年度の住民税が控除されてお得を実感した話

昨年(2015年)の11月に、何のゆかりもない市町村に「ふるさと納税」をしたお礼の品として、宿泊補助券を頂いて、それを使ってスキー旅行をしたという話を前に書きましたが、

実際にふるさと納税をして、次年度の税金がどうなったか?

について書きたいと思います。

参考 過去の話はこちら↓

ふるさと納税でもらった宿泊補助券で!子連れで行く初めての白馬スキー・スノボ旅行【出発前日】
このウキウキ感を誰かに伝えたい!何かに残したい! こんにちは、これが初めての投稿です。 子供ができる前は、1シーズン...

スポンサーリンク

2015年11月に行った初めて「ふるさと納税」

朝のワイドショー番組で、ふるさと納税は大変お得であるという情報を見た私は、早速クレジットカードを使って、夫の名義で50,000円の納税手続きを行いました。

本当にお得なのかどうか半信半疑でしたが、損をすることはなさそうだったので、初めてふるさと納税の制度を利用したわけです。

5万円納税したら25,000円分の宿泊補助券が貰えた

納税する代わりに貰えるお礼の品は、納税する自治体によって様々で、お米や和牛、カニなどバラエティに飛んでいますが、私は家族でスキー旅行にいくために宿泊補助券をチョイス!

2015年11月、信州小谷村に50,000円を納税して、お礼にもらった宿泊補助券は25,000円分で、この宿泊補助券を使って、2016年2月に家族で白馬コルチナスキー場へ行ってきました。

2016年度(平成28年度)分の住民税が確定

ふるさと納税をして、一体いくら得したのか??

ようやくわかる日がやって来ました。

ちなみに、うちの主人は平のサラリーマンで、年収は500万ちょっと。副業などは一切しておらず、不動産収入もありません。

会社からもらう給与と賞与のみが、夫の所得となります。

ふるさと納税で、いくら得した!?

50,000円支払ったふるさと納税は、今年の住民税から48,002円控除されていました。

その差額は、1,998円になりますが、この分を「選べるお礼の品」で補う形となります。

それが今回の場合は、25,000円分の宿泊補助券ですので、23,002円分がプラスなったことになります

ワイドショーで紹介していた通りになり、お得な情報を知れてラッキーでした♪

月々の給与の手取り額が増えた!!

去年(平成27年分)の住民税は、毎月18,200円ほど給与から天引きされていました。

去年(平成27年分)と比較すると、今年は給与収入が8万円ほどUPしていましたので、本来なら月々19,100円の天引きになる予定でしたが、ふるさと納税を行ったことで、住民税の一部を前払いしたことになるため、毎月15,100円の天引きで済むことに。

「ふるさと納税」を行うことで、お礼の品が貰えて、月の手取り額が少しでも増えるのは家計に優しいので、前払いできる余裕があるなら絶対にオススメです!!!

今回はまとめて1ヶ所に納税しましたが、何ヶ所かに分けて納税することも可能なので、いろんな自治体から、数種類のお礼をもらうこともできるようです!

早速、専用サイトを覗いて、品定めをしたいと思います。

この記事の続きはこちら↓

本年度もふるさと納税にトライ!5つの自治体に1万円ずつだとどうなる?
今からちょうど1年前。 ワイドショーから得た情報を元に、2015年末に「ふるさと納税」に初挑戦し、1つの自治体に50,000円...

参考 ふるさと納税に関する記事は↓にまとめました

ふるさと納税のこと
ふるさと納税に関する記事を集めました ふるさと納税でもらった宿泊補助券で!子連れで行く初めての白馬スキー・スノボ旅行【出発前日】 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加