台湾 台北の晴光市場付近のホテルを探してみた◆サンルート台北(燦路都飯店)

夜市のご飯

さて、今年の秋休みに台湾への家族旅行を計画中という話の続きですが、1日目は桃園国際空港付近のホテル2日目は九ふんの民宿を予約することができました。

次はいよいよ台北市内のホテル探しです。

スポンサーリンク

前回の旅で泊まったシーザーパーク ホテル台北(台北凱撒大飯店)の感想

前回の旅では、台北駅の目の前にある、シーザーパークというホテルに3泊したのですが、良かったのは、

  1. 日本語が通じた
  2. 朝食バイキングでシェフがオムレツを焼いてくれるサービスがあった
  3. 地下鉄MRTの駅が建物のすぐ地下にあった

という点です。

その他は、可でもなく不可でもなく、私的には100点満点中で60点という感じでしたが、次また泊まりたいとは思いませんでした。

美味しいものがいっぱい!晴光市場付近に泊まりたい!!

前回の旅では、晴光市場という市場が大変印象に残っていて、美味しいものがたくさん食べられて、雙城街夜市もすぐ近くで、次に台北に来たら絶対にこの付近のホテルに泊まろうと決めていました。
晴光市場で食べた晴光意や、脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツが忘れられません。

実は私、八角の香りが苦手なのですが、(だったら台湾に行くな!!というツッコミはしないでね八角嫌いだけど台湾は大好きなの)、この晴光意の汁なしの麺は、八角の香りが全く気にならず、本当においしかったです。

ドーナツの方は、おなかが一杯で苦しかったので、1個しか食べられなかったのですが、日本では食べられない不思議な食感でした。

あ~~~!!もう一度食べたい…

※もう一度食べてきました。店舗は移転していましたが変わらないおいしさでした。

晴光市場付近で、MRT駅近で、日本語が通じるホテルは?

という訳で、晴光市場付近のホテルを探して地図とにらめっこ。そして「晴光市場 付近 ホテル」と検索すると、「晴光市場周辺ホテル」がちゃんと出てくるんですよね。

晴光市場から近い順に表示されています。

晴光市場にも地下鉄の駅にも近いホテルで、且つ、日本語が通じるという条件のホテルを探すと、サンルート台北が見つかりました。

サンルート台北(燦路都飯店)はどんなホテル?

過去に、東京ディズニーランドのオフィシャルホテル「サンルートプラザ東京」に泊まったことがありますが、なかなかサービスのいいホテルだったので、こちらのチェーンなら間違いないだろうと即決しました。

レビューによれば、日本語が普通に通じ、日本だと錯覚するくらい快適だそうです。

また、このホテルの地下は、和食チェーン店の大戸屋なんだそうで、朝食はこちらで和食が食べられるようです。

晴光市場雙城美食街(雙城街夜市)の付近で、地下鉄駅もそこそこ近く(MRT民権西路駅・中山國小駅)

おまけにホテルの目の前のバス停(民権中山路口)から、國光客運というバス会社の1841路線(松山空港ー桃園国際空港)を使えば、83元(330円ほど)で桃園空港まで直通で行ける、と誰かのブログに書いてあり、ホテルに確認したら正しい情報でした。

条件バッチリのホテルが見つかりました。


サンルート台北に家族4人で泊まれる部屋はあるの?

しかし、色々調べても、こちらのホテルには4人部屋がありませんでした。

そこでホテルに直接、大人2名と小学生2名で泊まれる部屋はないかとメールで問い合わせたところ、

・スタンダード ツインルーム
(Standard Twin Room)
この部屋ならば、4人一緒に泊まることは可能でございます。
追加料金については、子供一人に一泊NT:200元を増やします。

という返事が返ってきました。

ん?? 200元(800円ぐらい)ということは、添い寝?

ま、いっか。

どんなお部屋だったかは、旅が終わったら載せたいと思います。

さてさて、これで4泊分すべての宿を予約することができました。

これでじっくりとプランを練れそうです。

※更新しました

サンルート台北(燦路都飯店)宿泊感想レビュー。日本語が通じてバス停近く、セキュリティも万全!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加