映画「Steve Jpbs(スティーブ・ジョブズ)」を見てiPhoneに愛着が沸いた話

iPhoneとiPad

久々に映画のDVDを借りてきました。

「Steve Jpbs(スティーブ・ジョブズ)」という作品。

スティーブ・ジョブズがAppleの創業者であることは知っていましたが、どんな人生を歩んだのか知りたくてこの作品を見ました。

スポンサーリンク

「Steve Jpbs(スティーブ・ジョブズ)」を見た感想

涙とか大きな感動はなかったけれど、なかなか面白い作品でした。

1回見て、すぐにもう1回見て、途中の早送りもしませんでした。

超簡単にあらすじを説明すると、大学を中退したスティーブ・ジョブズがApple社を立ち上げ、大成功を遂げるまでのサクセスストーリー。

ポジティブな気分になれる作品です。

今は世界一の企業に成長したAppleですが、最初は自宅のガレージからのスタート!

こういうのを見ると、夢ある~~って思っちゃいます

それに自分が作った会社なのに、自分が信頼して集めた人材に裏切られて、追い出されるなんてね。

会社が大きくなると大変だ~

自分のものじゃなくなるんですもん。

Appleの商品にはこだわりがあることを知る

私は、Apple社のコンピュータを使用したことがありません。

昔、おしゃれで色鮮やかな「iMac」に憧れを抱いたことはあったけど、

Apple=Macintosh=クリエーターなどの専門家しか扱えない高度な製品

というイメージが強かったし、おしゃれでもクールでもなく、クリエーターでもない私は、Apple社の製品とは縁がない世界の人間でした。

しかし、最近になって憧れていたAppleコンピュータが形を変えて我が家にやってきました。

iPhoneとなって。

この映画を見て、何だか愛着が湧きました。

そして、夢を現実化するには、ちょっとやそっとの障害にも負けない、強い信念が必要だということをこの映画から教わりました。

ただ使いやすいだけじゃなく、クールじゃないとダメなんだ!

というジョブズの強いこだわりと、それを現実のものにしていく技術者達。

すごいです!!!

こだわりは大切にしないといけないということですね

ジョブズは亡くなったけれど、そのこだわりは今でも受け継がれているのでしょうか。

新型iPhoneがこれからどう変化していくのか、iPhoneが役割を終えるその日まで、ひとりのユーザーとして見守り続けたいと思います。

以上。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加